よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
気分はパティシエ
ひと月ほど前のマクドナルドのハッピーセットに、
TV番組『夢色パティシエール』で放送するスイーツをABC COOKINGで親子で作りましょう~
というような券がついていた。

なんでもやってみたいほのかのこと、その番組を見たこともないくせに「行きたい!行きたい!」と大騒ぎ。
放送を見てからは、毎日のように「夢色パティシエールのクッキング、申し込んでくれた?」と言われて、はははついに根負けした。

でもねぇ~。
券には『お母さんと子供1人』って書いてあったんだよね。
ほのかがやるって言ったら、当然のことながら「かいとも!」ってなるわなぁ。

ABC COOKINGに聞いてみると、親子2人で2個のスイーツを作るのが原則なので、親1人子供2人でスイーツ2個でもよければOKとのこと。
聞いてみるもんだわ。


で、今日がその、ほのか念願のクッキングの日。

チビ用のスリッパを用意していかなかったので、2人とも「なんでママだけぇ~」ってブーブー言ってたけど、
調理室に入ったとたん、たくさんの調理器具に目がきらりん!
2人とも“お料理したい”モード全開に!!

まずは、たまごを割る作業。
いつもはグシャって失敗するかいとも、珍しく大成功した。
先生が「卵、上手に割れるねぇ」と言ってくれたので、ほのかもかいとも大満足。

初めて使う電動泡だて器は当然のことながら取り合いに。
粉をふるいいれ、まぜ、型に流しいれ、オーブンに入れ、まずはスポンジケーキを焼いた。
焼きあがったスポンジを型で抜いて、生クリームやいちごでデコレーションしたりして、
無事に『イチゴのヴェリーヌ』が完成。

20100609COOKING.jpg
なかなかの出来、でしょ。

家だと、汚されたくないとかこぼされたくないとか思って、ついいろいろ口出しをしてしまうのだけど、今日はできるだけ手も口も出さずに、おチビ達に自由にやらせてあげた。
それだけに、自分で作った!という満足感があったみたい。
さすがに、出来上がったケーキを各自で持ち帰る、ことは止めさせましたっ。

今日中に食べるよう書いてあったけど、ちちに見せたくて今も冷蔵庫の中。
寝る前に「ちちが帰ったら、1つ食べさせてあげてもいい?」と聞いてみたところ、
ほのかもかいとも即座に「ダメ~。自分で作ったんだもん、自分で食べるのぉ。」だそう。

明日の朝食まで、ちちもははもおあずけ、です。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
ふわふわヘア
今朝も別テーブルの朝食。

薄くスライスしたフランスパンにチーズと自家製イチゴジャムをトッピング、ブロッコリーとミニトマトとソーセージを添えて。
なんて書くと何だかおしゃれっぽいけど、要はかなりの手抜き朝食。

フランスパンをかじりながら、ほのかが一言。
「このフランスパンでぇ、、、ラスク作って」
「お砂糖かけて、レンジで焼くと、ラスクができるんだよぉ」だそうだ。
そんな知識、どこから手に入れたんだぁ!?

食べおわったほのかから「紅茶くださぁ~い」の声。
ついでだからと2人に紅茶をサービスすると、かいとから「かいとは紅茶頼んでないよ」とクレーム。
「あっ、ゴメン。かいともいるかなぁと思って」と弁解すると、かいとが一言。
「せっかくなんでぇ~、飲みま~す」
お気遣い、感謝しますm(__)m


昨日今日と、ほのかはふわふわヘアで登園。
三つ編みをして寝て、朝解くとふわふわヘアの出来上がりっ。
自分も若い頃よくやってた方法なんだよね。
最近ドラマを見てたらそんなシーンがあって思い出したので、ほのかにすすめたら、早速お気に召したらしい。
当分、寝る前の三つ編みが日課になりそうです。

Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
ひとりごはん
ここ2日、朝ごはんも晩ごはんもテーブルにつくのはたった1人。
これがお昼ごはんなら、おチビ達は幼稚園に行ってるから当然の出来事なんだけどぉ。
3人とも家に居るのに、なぜか子供たちだけ別の場所で食事をしているのだ。


昨日の朝、突然ほのかが「ごはん、こっちのテーブルで食べたい!」と言い出した。
『こっちのテーブル』というのは子供部屋にあるおチビ達専用のちびっこいテーブルで、2ヶ月程前にIKEAで買ったもの。
買った次の日は同じようなことを言いいだして食事してたっけ。
かいとも「こっちで食べようね」なんて意気投合。

あまりに小さいテーブルなので3人で一緒に食事ができる訳もなく、ははは1人ダイニングテーブルで朝ごはん。
ほのかとかいとはなにやらおしゃべりしながら、2人っきりの朝ごはんを楽しんでる様子。
“朝の忙しい時にグズグズ言わず2人で食べてくれるなら、これに越したことはないわぁ”


昨日の晩ごはん。
ダイニングテーブルに食事の支度をし始めると、2人はやっぱりおチビテーブルで食べると譲らない。
簡単な朝ごはんと違って、ごはんやらお魚やら小鉢やら、そしてこぼす危険度高しのお味噌汁なんかが所狭しとテーブルに並ぶ。
が、こちらの心配をよそに、意外なほど上手に食べ終わった。
“こっちのテーブルのほうが食べやすかったりして?!”


そして、今朝もほのかは「今日もこっちで食べるからね」
ははが「寂しいから、一緒に食べようよぉ」と言うと、
ほのかは「ほのかがいるから大丈夫だよ」と上から目線の発言。
はぁ、そうですかぁ。
朝食風景
2人はすっかりレストラン気分で、
「すみませ~ん、紅茶くださ~い」などと言ってくる。
こっちはなんだか、レストランの片隅でまかない食を食べてるウェイトレスの気分。


そしてそして、今夜の晩ごはんもまたまた別テーブル。
さすがにマジでちょっと寂しくなってきた。

数メートル離れて座る2人に
「今日は幼稚園で何したの?」
「今日は先生、何か言ってた?」
なんて、やたら話しかけたりして。
大体、なにゆえこんな狭い家で、わざわざ別々のテーブルで食事をしなきゃならんのだ。
当のお2人さんは遠くから涼しい顔で
「すみませ~ん、おかわりくださ~い」などと声をかけてくる。

う~ん、いつまでこの状態は続くんだろ。
もうそろそろ一緒に食べませんかぁ。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
コマなし自転車デビュー
久々?半年ぶりのブログ更新です…。

大阪では、自転車の補助輪のことを『コマ』って言う。
つまり、補助輪を外した自転車を『コマなし自転車』と呼ぶのだ。
東京では言わないよね、多分。
少なくともははは初耳だったので、初めてママ友に「コマなし、乗ってる?」と聞かれたときは「???」と思ったもんだ。
今じゃ、ふつーに使ってるけど。


春あたりから、ほのかがその『コマなし自転車』に乗りたがるようになった。
お友達の何人かが乗れるようになったのを知ったのだ。
なんでもやりたがり~ほのかちゃん!
影響されて、かいとまでもが「コマなし、乗りたい!」って言い出す始末。

はは的には面倒くささが先にたち“まだいいんじゃない?”とかなり消極的に『コマなし自転車』の練習をスタート。
たしか最初の日は、ちちが公園に連れていってくれて、自転車の後ろを持って練習させたんだったかな。
1時間ほど後にははが公園に行った時には、すでに全く違うことして遊んでたっけ。

その後も1、2度練習しに連れてったけど、まぁ練習時間の短いこと…。
親の方もたいして期待してないから、“やりたければ自分でがんばりな”ってな感じだったしね。


今日もまた、そんな感じでゆるゆる~と練習がスタート。
本日、ほのかに課したのは『バランス感覚を養うために、自転車にまたがってただただ歩く』という練習。
昨日、一足先にコマなしに乗れるようになったお友達のママから
「自転車にまたがって歩く、という練習を長い時間やったら、乗れるようになったよ」というアドバイスをもらってたのだ。
ほのかには、これが相当苦痛だったらしい。

ほのかは基本的に努力が好きではない。
すぐに完成系を目指したがる。
そして、1人で黙々と、ってのがこれまた嫌いなのだ。

そんな訳で『自転車にまたがって歩く練習』はすぐに飽きて、ちちのキックボードに乗ったり、ははの横でだらだら~。

はは  「練習したら?」
ほのか 「ママちゃん、後ろ持ってぇ」
はは  「まずは1人でまたがって歩く練習してごらんよ」
ほのか 「・・・」
はは  「練習しないなら、もうコマ外すのやめようね」
ほのか 「やだ」
はは  「じゃあ練習したら?」
ほのか 「ペダルがこぎたいの」

そんなやりとりを何度か繰り返した。

何度言ってもははは後ろを押してくれない。
痺れを切らしたほのかは、1人で自転車にまたがった。
仕方なくまたがって歩く練習をしかけたけど、やっぱりペダルをこぎたい!
ペダルに足をかけて、こいでみたら…。

乗れた!!

ってことのようだ。
ちちと並んで座って、なんとなくほのかを見ていたら
「あれっ?乗れてるじゃん!!」
ということになっていたのであった。


ドラマなんかでよく観る、初めて自転車に乗れた!ってシーンがあるでしょ。
子供が「ちゃんと持っててね」なんて言って、お父さんが「持ってるよ」とか言いながら手を離してみたら、そのまま自転車をこいでいた…っていうような。

そんな感動する余裕もなく、実際は拍子抜けするくらいに唐突にその時はやってきた。
まぁ過程はどうであれ、なんとかコマなし自転車に乗れるようになったのだから、めでたいめでたい。

では早速、ほのかのコマなし自転車デビュー。




まだ長時間なんて乗れないくせに、「上手に乗れるようになったなぁ」とかなり自慢げ。
感覚を忘れないためにもまめに練習しなくちゃね、ほのかさん。


もうコマはいらないでしょう、ということで帰りにスタンドをつけてあげた。
すると、それが羨ましいかいとは急にご機嫌ななめに。
かいとにはまだコマなし自転車は遠い道のり。
ほのかとかいとじゃ、運動神経にも格段の差があるという事実は否めないが、そもそも身長差が5cmあるんだもん。
嫌でも比べられる相手が常に隣にいるってのが、双子の難しいところ。
ほのかの偉そうな物言いで、かいとを自転車嫌いにさせないことが、今後のははの課題である。
Posted by 海風
comment:3   trackback:0
[未分類
ハロウィン三昧
今日はハロウィン。

朝、パンを食べていたかいとが「なんでパンの耳っていうの?」と聞いてきた。
最近のほのかとかいとは『なんで?なんで?病』なので、答えられないような質問が多いんだけど、これはいい質問だわ。
「なんでだろうね・・・」とごまかすと、かいとはすかさず一言。
「じゃあパソコンで調べて!」だって
なんちゅう4歳児なんだぁ。

さて、なぜ耳というのか。
早速パソコンで調べてみた(って結局パソコン使ってます・・・)
耳というのは人間の顔の端っこにあるので、平面状のものの端っこにあるものを人の耳に例えて『耳』と呼ぶんだそう。
なるほどぉ。


おチビ達のサタデー英語クラスも、もちろんハロウィンパーティ!!
ほのかはティンカーベル、かいとはスパイダーマンと、去年と同じコスチュームで登校した。
本人達がそれでOKと言うのでそうしたけど、2人とも身長が伸びたのでさすがにぱつぱつぅだったわ

クラスメイトにマッチョスパイダーマンが!
KIDSハロウィンパーティ
子供のみ参加のパーティだったので詳しくはわからないけど、お迎えに行ったら、お菓子がたくさん入ったお手製のケースを自慢げに見せてくれた。
楽しかったようで何より!
こればっかりは日本の幼稚園じゃ体験できないもんね。


家に居てはもったいないくらいのよいお天気だったので、コスチュームのままUSJに連れて行ってあげた。
さすがハロウィン当日とあって、スゴイ人。
こんなに混んでるUSJ、はじめてかも。

かいとには、事前にスパイダーマンの糸を出すポーズだけ教えておいた。
すれ違う人にこのポーズをやったら、「きゃあかわいいっ」なんて大ヒット!!
教えといてよかったぁ。
USJハロウィン
ちなみに、Dadスパイダーマンも同行。
フルフェイスってだけでも目立つのに、父子スパイダーマンは注目の的。
「わースパイダーマンだぁ!」「一緒に写真撮っていいですか?」なんて声をかけれれるうちに、すっかりその気になって手なんぞ振ってるお調子物のちちであった。

父子スパイダーマンはパレードのダンサーさん達からでも目立ったようで、いつもより手を振ってくれる率高し。
こちらを指差しながら「ねぇ、見て見て!スパイダーマンよ!!」というようなパントマイムまでしてくれた。

そうこうするうち、お友達と遭遇。
“わー、スパイダーマンの親子”と思ったら、我がファミリーだったそうな。
しばらく一緒に遊びました。
USJハロウィンお友達に会う

20世紀少年チームにも遭遇。
この手があったねぇ。
20世紀少年チームに会う

そうそう、USJってフルフェイス禁止って知ってた?
ちちもパレード待ちのとき、周囲の人たちから注目されちょっとばかりいい気になってたところ、クルーから「マスクは取ってください」って冷静に言われちゃったのだ。
えっ?なんで???
と思ったけど、訳も言わずにその人は去ってしまった。
そんなルールがあるなんて知らなかった。

20世紀少年チームの人にも「怒られませんでした?」って聞かれた。
彼らもクルーに見つかる度に怒られたから、フルフェイスの人に会う度に聞いてるんだって。
「でも、かぶりますよ
そりゃそうだよねぇ。

せっかくなので、スパイダーマン・ザ・ライド前にて記念撮影。
スパイダーマンの前で


夜は、ははの英会話スクールのハロウィンパーティへ移動。
大人のマッチョスパイダーマン、発見!
もう、どれが誰やら・・・。
大人なハロウィンパーティ
ここでも、父子スパイダーマンは大人気だった。
人気ついでにコンテストに出たら、なんと準優勝

ただねぇ、この、夜のパーティにはほのかとかいとを恐怖に陥れるやつがいたのだ。
その人はものすごい大きな頭蓋骨をかぶってた。
そんなの大人だって充分怖いっつぅの
おチビ達が怖がってるのに、結構しつこくやってきたので、ついに2人は号泣。
あれがいなかったら、おチビ達のテンションもそんなに下がらなかったのに。
そんな訳で、早々にパーティを後にしたのだった。

そして、すっかりコスプレにハマったちちは、その後も別のパーティへ出かけていった。
スパイダーマンの衣装を持って。
結局、ハロウィンを一番堪能したのは、他ならぬちちだった。
あんなに最初は恥ずかしがってたくせにぃ。


さて、大人気スパイダーマンの影で、ほのかがちょっぴりいじけてしまった。
みんながWスパイダーマンとばかり写真を撮りたがるから、
小さい声で「わたしも撮りたいのにぃ・・・」って呟いてた。
いじけながらも、しっかり隅っこに入ってたけど。
そりゃ、あの目立つスパイダーマンにはよっぽどの仮装じゃないと太刀打ちできないよなぁ。
来年はがんばって、ほのかとペアルックで、スパイダーマンを超えるコスプレしようかな。
勇気があれば・・・の話。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。