よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
ハロウィン三昧
今日はハロウィン。

朝、パンを食べていたかいとが「なんでパンの耳っていうの?」と聞いてきた。
最近のほのかとかいとは『なんで?なんで?病』なので、答えられないような質問が多いんだけど、これはいい質問だわ。
「なんでだろうね・・・」とごまかすと、かいとはすかさず一言。
「じゃあパソコンで調べて!」だって
なんちゅう4歳児なんだぁ。

さて、なぜ耳というのか。
早速パソコンで調べてみた(って結局パソコン使ってます・・・)
耳というのは人間の顔の端っこにあるので、平面状のものの端っこにあるものを人の耳に例えて『耳』と呼ぶんだそう。
なるほどぉ。


おチビ達のサタデー英語クラスも、もちろんハロウィンパーティ!!
ほのかはティンカーベル、かいとはスパイダーマンと、去年と同じコスチュームで登校した。
本人達がそれでOKと言うのでそうしたけど、2人とも身長が伸びたのでさすがにぱつぱつぅだったわ

クラスメイトにマッチョスパイダーマンが!
KIDSハロウィンパーティ
子供のみ参加のパーティだったので詳しくはわからないけど、お迎えに行ったら、お菓子がたくさん入ったお手製のケースを自慢げに見せてくれた。
楽しかったようで何より!
こればっかりは日本の幼稚園じゃ体験できないもんね。


家に居てはもったいないくらいのよいお天気だったので、コスチュームのままUSJに連れて行ってあげた。
さすがハロウィン当日とあって、スゴイ人。
こんなに混んでるUSJ、はじめてかも。

かいとには、事前にスパイダーマンの糸を出すポーズだけ教えておいた。
すれ違う人にこのポーズをやったら、「きゃあかわいいっ」なんて大ヒット!!
教えといてよかったぁ。
USJハロウィン
ちなみに、Dadスパイダーマンも同行。
フルフェイスってだけでも目立つのに、父子スパイダーマンは注目の的。
「わースパイダーマンだぁ!」「一緒に写真撮っていいですか?」なんて声をかけれれるうちに、すっかりその気になって手なんぞ振ってるお調子物のちちであった。

父子スパイダーマンはパレードのダンサーさん達からでも目立ったようで、いつもより手を振ってくれる率高し。
こちらを指差しながら「ねぇ、見て見て!スパイダーマンよ!!」というようなパントマイムまでしてくれた。

そうこうするうち、お友達と遭遇。
“わー、スパイダーマンの親子”と思ったら、我がファミリーだったそうな。
しばらく一緒に遊びました。
USJハロウィンお友達に会う

20世紀少年チームにも遭遇。
この手があったねぇ。
20世紀少年チームに会う

そうそう、USJってフルフェイス禁止って知ってた?
ちちもパレード待ちのとき、周囲の人たちから注目されちょっとばかりいい気になってたところ、クルーから「マスクは取ってください」って冷静に言われちゃったのだ。
えっ?なんで???
と思ったけど、訳も言わずにその人は去ってしまった。
そんなルールがあるなんて知らなかった。

20世紀少年チームの人にも「怒られませんでした?」って聞かれた。
彼らもクルーに見つかる度に怒られたから、フルフェイスの人に会う度に聞いてるんだって。
「でも、かぶりますよ
そりゃそうだよねぇ。

せっかくなので、スパイダーマン・ザ・ライド前にて記念撮影。
スパイダーマンの前で


夜は、ははの英会話スクールのハロウィンパーティへ移動。
大人のマッチョスパイダーマン、発見!
もう、どれが誰やら・・・。
大人なハロウィンパーティ
ここでも、父子スパイダーマンは大人気だった。
人気ついでにコンテストに出たら、なんと準優勝

ただねぇ、この、夜のパーティにはほのかとかいとを恐怖に陥れるやつがいたのだ。
その人はものすごい大きな頭蓋骨をかぶってた。
そんなの大人だって充分怖いっつぅの
おチビ達が怖がってるのに、結構しつこくやってきたので、ついに2人は号泣。
あれがいなかったら、おチビ達のテンションもそんなに下がらなかったのに。
そんな訳で、早々にパーティを後にしたのだった。

そして、すっかりコスプレにハマったちちは、その後も別のパーティへ出かけていった。
スパイダーマンの衣装を持って。
結局、ハロウィンを一番堪能したのは、他ならぬちちだった。
あんなに最初は恥ずかしがってたくせにぃ。


さて、大人気スパイダーマンの影で、ほのかがちょっぴりいじけてしまった。
みんながWスパイダーマンとばかり写真を撮りたがるから、
小さい声で「わたしも撮りたいのにぃ・・・」って呟いてた。
いじけながらも、しっかり隅っこに入ってたけど。
そりゃ、あの目立つスパイダーマンにはよっぽどの仮装じゃないと太刀打ちできないよなぁ。
来年はがんばって、ほのかとペアルックで、スパイダーマンを超えるコスプレしようかな。
勇気があれば・・・の話。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://honokaito.blog44.fc2.com/tb.php/494-00b27e48
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。