よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
怒ってばかりでごめんね
今日は大阪音楽大学付属音楽幼稚園の『みんなあつまれようちえん!』というのに出かけた。
これは数ヶ月に1度行われてる未就園児対象の園庭開放のようなもの。
ゆうちゃんママに教えてもらって前から1度行きたいと思っていたもので、やっと今回希望の時間が予約できたのだ。
今回は『親子体操』の日。

着いて早々、いつものように「ラムネ食べたぁ~い」とグズっていたほのかと、「だっこしたいのぉ~」とははにぶら下がっていたかいと。
「お~ひさま~の下で みんなであそぼっ♪」の曲が始まった途端、両手を上にあげてゴキゲンに踊りだした。
これは毎週土曜の朝に『おかあさんといっしょ』で弘道お兄さんと一緒にやる親子体操の曲で、おチビ達のお気に入り。
今日も「かえるがピョン、へびがスルッ、トカゲがゲッ、あそぼっ♪」と一緒に激しくダンスダンス!

そして次は子供を手押し車のようにして歩くというゲームだった。
まずはほのかが腕立て伏せの格好になり、こっちは中腰でほのかの足を持って胸の辺りを支えながら前へ進んだ。
“こ、腰が痛っ”
フーフー言いながらやっとこさ体育館を横断すると、スタート地点にはかいとが待っていた。
先生がかいとを運んでくれようとしたのだけど、かいとが拒否したのだ。
戻ってかいとを運ぼうとしたけど、ちょっと歩いただけで腰にきて断念。
あとは先生にお願いした。

その後もフープをくぐるゲームとか親子体操なんかをいくつかやった。
合間ちょっと飽きてくる度に、ほのかは「○○食べたい」とつぶやき、かいとは「抱っこ」と言っては床に寝転ぶ。
ったく!

そんな中、おチビ達が一番盛り上がったのは玉入れ。
真ん中に置かれた箱に玉を入れるゲームで、お片付け好きのかいとは大興奮で拾っては入れ拾っては入れてた。
ほのかもかいとも最初は片手に1つ玉を持って入れていたのだけど、途中で気づいたらしく最後は4つぐらい集めてから箱に入れてた。
だんだん知恵がついてくるもんだわ。

親子ペアでやるものは、先生方が気を配ってくれて「一緒にやりましょう」と声をかけてくれた。
こういう場合かいとはははべったりなので、必然的にほのかをお願いすることに。
先生に抱っこされてはじめは緊張した様子のほのかだったけど、優しい先生ですぐに慣れて楽しそうに体操してた。

はは的には『はらぺこあおむし』をピアノと歌と打楽器演奏つきで読んでもらえたのがとってもよかった。
さすが、音大付属だけあるわぁ。

終わってから、園長先生とお話しする機会があった。
ほのかと体操してくれたのは園長先生だったのだ。
「今、イヤイヤ期真っ最中で、つい感情的に怒ってしまったりするんです。」と打ち明けた。
すると、「私の個人的な考え方ですけれど・・・」と園長先生は言った。
「お母さんが感情的に怒ってしまうこともいけないことではないと思うんです。『絶対に怒ってはいけない』という方もおられますけど、お母さんが子供に気を使いすぎるのもどうかしらと思うんですよ。怒られることに慣れてないまま成長するから、精神的に弱い大人になってしまうこともあるのでは。
大切なのは、たとえお母さんが感情的に怒ったとしても、その関係は揺るぎないものなんだと子供が理解することが大切だと思うんです。たとえ怒られたとしてもお母さんの愛情に変わりはないんだと。
今はそのことに気づけない人が多いから、残酷な事件が起きてしまったりするんではないでしょうか。」

そういってもらえたことで、なんだか気持ちがふっと軽くなった。

まだ仕事をしていた頃、一時期後輩の指導で悩んだことがあったっけ。
10歳近く離れてる子たちは、ミスを叱るとすぐ言い訳したり“私のこと嫌いなんだ”と思われたりして、“あ~最近の子はやりづらいわぁ”と思ったもんだ。

この後、園庭で少し遊んだ。
園庭はとっても広くて緑がきれいな芝生だった。
季節のいい時は園児達は裸足で遊ぶんだそう。
遊具は木製だった。
ウサギもいた。
教室からは子供たちの演奏する楽器の音が。
いいなぁ、この幼稚園。

しかぁし・・・。

遠いのだ。
我が家からは電車を乗り継いで、園バスに乗らなきゃ通えない。
私が車を運転できたらなぁ(免許はあるんです、ゴールドの)。

帰る時、おチビ達は見送りに出てくれた園長先生とタッチ&握手。
園長先生は別れ際「イヤイヤ期は必ず終わりが来ますから。頑張って!!」と笑顔で送ってくれた。

このごろの私は、怒っちゃいけないと思いつつ気づくと怒ってしまってて、寝顔を見ながらいつも自己嫌悪。
度を過ぎたらいけないけど、自然体で無理せず育てていく中で多少感情的に怒っちゃったとしても、子供たちはきっとわかってくれるはずだよね。
愛情さえ注いでいれば!
園長先生、ありがとうございました。
かいと 幼稚園に遊びに行ったよ ほのか 幼稚園に遊びに行ったよ かいとは恐々、ほのかは意気揚々
Posted by 海風
comment:8   trackback:0
[未分類
comment
良かったね
よい先生にめぐり会えて良かったね

そう言ってくれたら気がラクになるね。

親に怒られたことのない人っていないはずだし、親も完璧じゃないしね。うちも参考になるよ。
2007/09/15 21:51 | | edit posted by よしむら
ステキな園長先生でしたね。
私も気持ちがホッとしました!
自分でも、怒らない親になっちゃダメって思いつつ
怒りすぎてる自分にも反省で。
怒った後には、ちゃんと抱きしめてあげることだけは
忘れちゃダメですね
上手に(って言い方も変だけど)怒れる親にならなちゃね。
2007/09/16 00:54 | | edit posted by 実月
>よしむらさん
うん、とっても救われたよ。
とはいえ、最近の私はちょっと怒りすぎかなって自分でも思うのよ。のびのび育てたいと思いつつ、自分の都合で怒ってしまったりして、育児って難しい。
>実月さん
上手に怒るってほんと難しいことですよね。
双子だと性格も違うしそれぞれの受け取り方も違うから怒るのはなお難しい。愛情さえ持っていればわかってくれると信じるしかないんですけどね。
2007/09/17 23:26 | | edit posted by はは
私はははさんに出会えなければぐれた社会人になってたと思います!
ちゃんと注意してくれる人って確かに少ないですよね。
むずかしいですね。。。
2007/09/19 00:37 | | edit posted by BON
園長先生の言葉、私までもほっとした気持ちになりました!
度が過ぎたり、何度言ってもダメだとイライラ全開。
時に自分の精神状態で些細なことでも強く叱ったりとか。
本当に日々反省です。
感情的に怒った時は子供に謝ったり抱きしめたり。
きちんと愛情を伝えたら大丈夫なのですよね。
この幼稚園、本当にステキですね☆
2007/09/19 22:18 | | edit posted by Cico
>BONちゃん
いやいや、あなたは入社した時から、たっぷりとご両親の愛情を受けてきちんと怒られてきたってわかる人だったから、全く心配してなかったもん。そういう後輩が居たことで私も救われたのよ。
>Cicoさん
ほんと、イライラが積み重なるとダメですね。2歳児相手にグチグチ言ったりして、後で「私ったら何やってるんだろ?」と反省してばかりです。
みんな、同じ様に悩みながら育児をしてるんだなとわかってちょっと安心しました。
この幼稚園はとても素敵でした。親子体操の間も、園長先生は他の先生より熱心っていう位、子供たちに声をかけて一緒に遊んでくださいました。




2007/09/20 00:12 | | edit posted by はは
悩んでるときに
手を差し伸べてくれるようなお話の園長先生に出会えてよかったですね♪
感情的に怒ったって大丈夫ですよ。怒られた全てを子供は覚えてるワケじゃないしね。怒ってもいっぱい抱きしめていっぱいキスして愛を示せばぬくもりは伝わると思いますよ♪
2007/09/20 18:04 | | edit posted by ナビア
>ナビアさん
ありがとう!今日もしょーもないことで腹を立ててしまいました。怒った分、反省して後でいっぱい抱きしめてあげたけど、2人で「親ってほんと勝手よねぇ」とか話してる気がしますi-230
2007/09/21 00:22 | | edit posted by はは
comment posting














 

trackback URL
http://honokaito.blog44.fc2.com/tb.php/245-a0fcf92e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。