よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
ばいおりん
おチビ達が2歳になったときから、自分の年齢を答えられるように練習している。
今日、電車で小学生に「いくつですか?」と聞かれた。
“よぉし”と思ってほのかとかいとに「おねえちゃんがいくつ?って聞いてるよ」と言ってみたけど、なぜか恥ずかしいらしく顔を帽子で隠したりして全然ダメ。
家ではちゃんと「にしゃい」と答えられるのにな。
ただ「にさい」という言葉の意味をちゃんと理解してるかは不明。
だって、夜ほのかを叱った時、話題を変えようとしてるのか急に「にしゃい」と言ったりしたんだもん。
なぜ、そこで「にしゃい」なの??

おチビ達をはじめてクラシックのコンサートへ連れて行った。
見に行ったのはラ・ストラーダという弦楽アンサンブルのキッズコンサート。
普段演奏会にいけない未就学の子供も聴きにいけるコンサートを定期的にやっているらしい。
キッズコンサートとはいえクラシックのコンサート、はは1人では騒いだときに困るなぁと思ってくにちゃんに同行をお願いした。
それとゆうちゃん&ママも一緒。
ゆうちゃんママは音大でヴァイオリンを専攻していたのだ。

今回のコンサートは『世界のおどり』と題したもので、チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』とかビゼーの歌劇『カルメン』とか、踊りをテーマに選曲されたものだった。

ほのかもかいとも初めのうちは遊びながらでもそこそこ静かに聴いていたけど、そのうち飽きてきちゃって「あんぱんまん書くぅ」だの「抱っこぉ」だの言い出した。
ちょっと眠くなる時間だし、おなかもすいてくるしね。
それでも、キッズコンサートだけあっておチビ達と同じ歳くらいの子供も大勢いたのでははとしては大分気が楽だった。
くにちゃんの協力もあって、なんとか泣き叫ぶことなく1時間のコンサートは終了。
ああよかった。

コンサートの終了後、楽器に触らせてもらうことができた。
ほのかもかいとも鍵盤好きだけど、弦楽器は始めて。
何でもやりたがり~のほのかとかいとは、お姉さんお兄さんの手を借りてだけど、ヴァイオリンやチェロをギコギコ弾いた。
一応、音は出るもんだ。
いい経験になったね。
ほのか チェロを弾く かいと バイオリンを弾く

ちなみに、ゆうちゃんはヴァイオリンは平気だけどチェロとコントラバスが怖いんだって。
大きくて、ちょっと人っぽいフォルムだからかなぁ。
面白いねぇ。

夜、お風呂に入りながら「今日楽しかった?」と聞いたら、ほのかが「ばいおりんっ」「くにちゃん」「ゆうちゃんまま」と思いつくまま答えた。
言葉のパズルみたい。

ははは別段クラシック好きという訳じゃない、というより正直なところ普段はほとんど聴かない。
胎教にいいというモーツアルトもまったく聴かなかったぐらい。
それでも久しぶりに聴いた生の弦楽器の音に心がすうっとした。
子連れで行けるコンサートってありがたいなぁ。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://honokaito.blog44.fc2.com/tb.php/235-82de1177
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。