よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
ちょうさ祭
朝ご飯もそこそこに広い家を遊び道具にしてはしゃぎまわるおチビ達なのであった。
うちには階段がないから、階段をのぼるのが楽しくてしかたがないみたい。
階段で遊ぶ2人

後ろから落っこちないように見守りながら階段を上がるのってめちゃめちゃ腰にくるわ。
家に階段が無くてたすかったぁ。

午後、ちょうさの担きくらべというのを見に行った。
これは各地区ごとのちょうさというお神輿みたいなものをそれぞれが担いで集まり、担ぎぶりを競うというものだ。
ちなみにここでは“かつぐ”ことを“かく”という。
ちちや集まった親戚の男の人たちも地区の法被をきて担ぎ手として参加することになった。
最近、とみに体力不足のちちだが“お祭”と聞くと血が騒ぐらしい。
ちちは歩きながらかいとに「男の生き様を見ておけ!」などとささやいている。
ちょこっと担ぐくらいでそんなに大層なもんかぁ?

担きくらべの前におチビ達をちょうさに乗せてもらった。
意外にもかいとは平然としててほのかは周りの状況に慣れないのか「ぎゃあ~」と泣きべそ。
かいとくん、さすが男の子だね。
ちょうさに乗ったよ

そうこうするうちに担きくらべが始まった。
我が“港町”が担く寸前に、担ぎ手にいたしーちゃんの知り合いがしーちゃんを見つけて「一緒に担いて!」と言ってきた。
「ムリムリ」とかいうのかなって思ってたら、さすがしーちゃん。
第一声が「法被がないもん
担ぐ気マンマンだったのかぁ~。
おチビ達よ、君たちのおばあちゃんは超パワフルよん。
ちょうさ祭

“港町”のちょうさはちょっとフラフラしてたけど、そんなみんなのパワーでなんとか担きくらべを終えた。
ちちはすっかりテンションが上がって戻ってきた。
お祭好きは“遺伝”なのであった。
おチビ達にもいつか法被を着てちょうさを担いてもらいたいな。
ははも実はお祭好きなのである・・・。
今回のドライブで立ち寄った龍野西サービスエリアは素晴らしいSAだった。
改装したてなのかとってもきれいだったのだけど、おむつ替えや授乳ができるベビールームはもちろん、食事をするのにベビーチェアも用意されてたし、おチビ達を遊ばせることができるプレイスペースも設けられていたのだ。
揖保の糸の素麺もあったしね。
サービスエリアって便利なんだなぁ。
それとここで販売されている「やわらか塩味生大福」は絶品
ぜひご賞味あれ・・・。
龍野西SAにてランチ


Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://honokaito.blog44.fc2.com/tb.php/103-422d33c4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。