よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
コマなし自転車デビュー
久々?半年ぶりのブログ更新です…。

大阪では、自転車の補助輪のことを『コマ』って言う。
つまり、補助輪を外した自転車を『コマなし自転車』と呼ぶのだ。
東京では言わないよね、多分。
少なくともははは初耳だったので、初めてママ友に「コマなし、乗ってる?」と聞かれたときは「???」と思ったもんだ。
今じゃ、ふつーに使ってるけど。


春あたりから、ほのかがその『コマなし自転車』に乗りたがるようになった。
お友達の何人かが乗れるようになったのを知ったのだ。
なんでもやりたがり~ほのかちゃん!
影響されて、かいとまでもが「コマなし、乗りたい!」って言い出す始末。

はは的には面倒くささが先にたち“まだいいんじゃない?”とかなり消極的に『コマなし自転車』の練習をスタート。
たしか最初の日は、ちちが公園に連れていってくれて、自転車の後ろを持って練習させたんだったかな。
1時間ほど後にははが公園に行った時には、すでに全く違うことして遊んでたっけ。

その後も1、2度練習しに連れてったけど、まぁ練習時間の短いこと…。
親の方もたいして期待してないから、“やりたければ自分でがんばりな”ってな感じだったしね。


今日もまた、そんな感じでゆるゆる~と練習がスタート。
本日、ほのかに課したのは『バランス感覚を養うために、自転車にまたがってただただ歩く』という練習。
昨日、一足先にコマなしに乗れるようになったお友達のママから
「自転車にまたがって歩く、という練習を長い時間やったら、乗れるようになったよ」というアドバイスをもらってたのだ。
ほのかには、これが相当苦痛だったらしい。

ほのかは基本的に努力が好きではない。
すぐに完成系を目指したがる。
そして、1人で黙々と、ってのがこれまた嫌いなのだ。

そんな訳で『自転車にまたがって歩く練習』はすぐに飽きて、ちちのキックボードに乗ったり、ははの横でだらだら~。

はは  「練習したら?」
ほのか 「ママちゃん、後ろ持ってぇ」
はは  「まずは1人でまたがって歩く練習してごらんよ」
ほのか 「・・・」
はは  「練習しないなら、もうコマ外すのやめようね」
ほのか 「やだ」
はは  「じゃあ練習したら?」
ほのか 「ペダルがこぎたいの」

そんなやりとりを何度か繰り返した。

何度言ってもははは後ろを押してくれない。
痺れを切らしたほのかは、1人で自転車にまたがった。
仕方なくまたがって歩く練習をしかけたけど、やっぱりペダルをこぎたい!
ペダルに足をかけて、こいでみたら…。

乗れた!!

ってことのようだ。
ちちと並んで座って、なんとなくほのかを見ていたら
「あれっ?乗れてるじゃん!!」
ということになっていたのであった。


ドラマなんかでよく観る、初めて自転車に乗れた!ってシーンがあるでしょ。
子供が「ちゃんと持っててね」なんて言って、お父さんが「持ってるよ」とか言いながら手を離してみたら、そのまま自転車をこいでいた…っていうような。

そんな感動する余裕もなく、実際は拍子抜けするくらいに唐突にその時はやってきた。
まぁ過程はどうであれ、なんとかコマなし自転車に乗れるようになったのだから、めでたいめでたい。

では早速、ほのかのコマなし自転車デビュー。




まだ長時間なんて乗れないくせに、「上手に乗れるようになったなぁ」とかなり自慢げ。
感覚を忘れないためにもまめに練習しなくちゃね、ほのかさん。


もうコマはいらないでしょう、ということで帰りにスタンドをつけてあげた。
すると、それが羨ましいかいとは急にご機嫌ななめに。
かいとにはまだコマなし自転車は遠い道のり。
ほのかとかいとじゃ、運動神経にも格段の差があるという事実は否めないが、そもそも身長差が5cmあるんだもん。
嫌でも比べられる相手が常に隣にいるってのが、双子の難しいところ。
ほのかの偉そうな物言いで、かいとを自転車嫌いにさせないことが、今後のははの課題である。
スポンサーサイト
Posted by 海風
comment:3   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。