よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
寝言
昨日の夜中、ほのかが寝言のような、それでいてはっきりとした口調で言った。
「ねいろちゃんとね、一緒にすべり台してね・・・」
ねいろちゃん???
ほのかもかいとも、最近ようやっと幼稚園で知り合ったお友達の名前を1人2人言うようになったのだけど、その名前は聞いたことがなかった。
だから、夢の中でほのかが作った名前かな?なんて思っていた。
ところが。

朝になってクラス名簿を見てみたら・・・いました。
ねいろちゃん!
幼稚園の夢を見てたんだね。
昼間、全く話題に出てこないお友達が夢には出てくるって、なんだか凄く不思議。
実は結構仲良くなってるのかなぁ。

ほのかにしてもかいとにしても、
「今日、幼稚園で誰と遊んだの?」と聞くと、いつも元々知ってるお友達の名前しか出てこない。
「今日何したの?」と聞いても、すぐ「わかんないっ」って言いだすので、園での生活もイマイチ把握できないでいるのだ。
お友達のりりちゃん情報が一番正確なので、何かあるとりりちゃんママに確認してるくらい。
意外と、寝てるときにほのかに聞いたらちゃんと語ってくれるかも、なんて思っちゃいました。
スポンサーサイト
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
淡路島から明石へ
淡路島2日目。
皮肉なことに雨はすっかり上がっていた。
おチビ達を連れて、ホテルの外にある『百段苑』をお散歩。
『百段苑』とは、傾斜に沿ってその名の通り花壇が100個並べられていてるのだ。
上まで登ると、眼下に色とりどりの花が見事に咲き誇っていて、その先に真っ青な海が広がっていた。
めちゃめちゃ気持ち良かったよぉ!!
海が見えるよ


お昼を食べてから、急いでいちご狩りにでかけた。
場所は2年前にも行った『淡路島フルーツ農園』
2年前のいちご狩りの様子
ホントは、今度こそ高設栽培のところに行きたかったんだけど、淡路島では見つけることができなかったんだよね。
2年前に比べると、ほのかもかいとも格段に成長していた。
ほぉっておいても勝手にいちごを採りにいってパクパク。
以前はやみくもにいちごを採ってたけど、今回はちゃんと赤いくて大きいいちごを選んで食べるようになっていた。
「ママちゃん、食べて」などと、取ってきてくれたりもしたしね。
楽になったものですなぁ。
イチゴ食べまくり
気付けばいちごの果汁で口も手もシャツも真っ赤。
特にかいとはエラいことになっていた(>_<)
あげく「おなか痛~い」だって。
食べ過ぎです!

いちご狩りを終え、明石へ向かった。
明石といえば、明石焼でしょ!

ほのかもかいとも明石焼は初体験。
大ヒットでしたぁ!(^^)!
かいと 初明石焼

ほのか 初明石焼

明石焼を食べました


実は、明石に着く前から、かいとがまたもや「ピンクのおフロに入りたい」と言い出していた。
どんだけ風呂好きなんでしょね。
『ピンクのお風呂』というのは、近所のスーパー銭湯の日替わり湯のことなのだ。
そんな訳で、淡路島旅行は近所のスーパー銭湯に立ち寄って完結した。
ちちの会社の方のおかげで、思いがけず盛りだくさんの旅行ができました。
感謝!!
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
淡路島 de 結婚式
ちちの同僚の方(女性)の結婚式があり、家族で淡路島までお祝いにでかけた。
彼女にはおチビ達も何度か会っていて、ちちがお2人の生い立ちビデオを作ってあげた関係で、そのお礼にと家族でホテルへ招待してくれたのだ。
ホテルに着くまではただ遊びに行くつもりだったのだけど、挙式に参列させてもらうことに。
念のためにと思って、ほのかとかいとにいつもよりはちょっとだけマシな格好をさせていたけど、それでもシャツにジーンズというかなりラフなスタイル。
2人とも、よそ行きの服ってのを持ってない。
やっぱりこういうとき必要だよね(^_^;)
お部屋にて

おチビ達、初めての挙式参列。
静かにしていたのは最初の10分、だったかなぁ。
すぐに飽きてグニャグニャ言い出し、あっという間に外へ連れ出す結果になった。
ま、予想通り、でしょうか・・・。
初めての結婚式参列

挙式後、みんなで外へ出て、挙式を終えた花嫁さんと花婿さんをフラワーシャワーでお祝いした。
ほのかとかいとからかわいい花束をサプライズプレゼントしたら、お2人はとっても喜んでくれた。
サプライズの花束プレゼント

主役のお2人と

その後、ちちは披露宴に。
おチビ達とはははホテルの周囲で遊ぶことにしたのだけど、外はあいにくの雨。
晴れてたらおチビ達を広~い広い公園で遊ばせてあげられたんだけどな。
かなり残念(>_<)
それでも、小雨の中、かいとリクエストの機関車に乗った。
ほぼ貸切状態!(^^)!
頑張れ機関車シュシュポッポッ

ホテル隣接の温室へも行ってみた。
ちょうど『ハプスブルグ家』の庭を再現した展示をしてて、これがとっても素晴らしかったんだよね。
キレイにレイアウトされたたくさんのお花の香りが温室に充満してて、ははは1人優雅な気分に浸ってました。
温室
おチビ達も美しいお花達に囲まれて「きれいだね」「いいにおいするね」とまんざらでもない様子だった。
お花がいっぱいだよ
すぐに飽きて、お花の周りをぎゃあぎゃあ走り回っていたけれど(>_<)

披露宴が続いていたので、“ちち1人に美味しいものを食べさせてなるものか”と3人で淡路牛のステーキで晩ご飯(^_-)-☆
肉好きな3歳児なのであった。

昼間、うっかり「近くの温泉にでも行こうか」と言ってしまった。
それを聞いた風呂好きオトコかいとくんは晩ご飯を食べるやいなや「早くおっきなおふろ行こうよ」と連呼。
そんな訳で、ちちが披露宴から戻ると、すぐさま車で10分ほどの『松帆の郷』へ行った。
この日もかいととほのかはちちと共に男湯へ、ははは1人のんびりと女湯へ。
ここは、明石海峡近くで少し山道を登ったとこ。
内風呂は別に普通だけど、露天風呂からの眺めが最高なのだ!
露天風呂にのんびりつかっていると、男風呂からおチビ達の騒々しい声が。
普段は“うるさぁ~い”と思ってしまう声も、離れた場所で聞くと微笑ましく思えるから不思議(^^ゞ

ホテルに戻ってからも、眠いはずなのに興奮してなかなか寝ないおチビ達。
ベッドに入るように言うと、ほのかもかいとも「ママちゃんと寝るぅ」と言い出した。
勘弁してくれぇ(>_<)
がしかし、「ちちと寝ると明日いいことあるよ~」とちちが誘うと、ほのかはすぐさまちちのベッドに入った。
なんとゲンキンなほのか。
こんな風にして、淡路島の夜はふけていったのでした。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
友達との約束
幼稚園のバスから降りるなり、ほのかが言った。
「今日りりちゃん、公園に行くって」
「そうなの?でもほのかとかいとは風邪気味だから、今日はおうちでおやつしてお昼寝しようね」
そう言って家に連れて帰った。
家についておやつを食べてると、ほのかがまた
「今日りりちゃん、公園に行くって」と言う。

あんまり何度も言うので、ちょっと気になってりりちゃんママにメールした。
「もしかして、りりちゃん、ほのかと公園に行く約束してるって言ってる?」
すると、りりちゃんママから
「約束したみたいだけど、ほのかちゃんは風邪だから公園にはこないと思うよ、って言っておいたよ」との返信。

やっぱり!
ほのかは幼稚園でりりちゃんと『公園で一緒に遊ぼう』と約束をしてきてたのでした!
こんなことは初めてだったのでビックリ!!
今まで子供同士で遊ぶ約束をしてくる、なんてなかったもん。
親を抜きにした子供同士の人間関係が深まっている証拠だよね。
お姉ちゃんになったもんだぁ。

しっかし、親の知らないところでいろんな約束をしてくるとなると、今まで以上に注意深く子供の言葉を聞いてないといけないなぁ。
知らなかったら、黙ってほのかに約束を破らせちゃうとこだったもん(^_^;)
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
オモラシまくり
今日もまた、幼稚園でほのかがオモラシした。
“穏やかに穏やかに・・・”と自分に言い聞かせながら、ほのかに
「どうしてトイレに行かなかったの?」って聞いてみた。
すると、
「ちちみたいにしたの」という。
???
「どういうこと?」って聞くと、
「ちちがお外でしていいよって言ったんだもん」とのこと。

ははぁ~ん、なるほどぉ、読めた!
日曜日にちちと公園に行った時、ほのかにおしっこって言われたちちは、
間に合いそうもないと思ったのか面倒だったのか、とにかく外でおしっこをさせたのだろう。
ったく!!ちちのばかぁ!!

ほのかの場合、夜は今だおむつが手放せないでいるのだけれど、昼間のおもらしは2週間に一度程度になって、ちょっとほっとしてたとこだった。
なのに、幼稚園が始まってからここ10日程毎日のようにオモラシしている。
日に2度もしたときもあった。
公園でもジャー、買い物中にお店の中でジャー。
家ならともかく外は困る。
「トイレ」って言ったけど間に合わなかった、とかじゃなくて、何も言わずにいきなりジャーなのだ。
普通女の子ってのは外でオモラシすると恥ずかしかったりショックだったりするみたいなんだけどな。
ほのかは「でちゃったぁ」って言いながら、心はすでに次の面白いことへ移っている。
怒ってはいけないと思いつつ、さすがにイラッときて、
「イヌじゃないんだからどこでもかしこでもジャージャーやるんじゃないの!」なんて怒ってしまったことも。

どうしてなのか、どうしたらいいか、いろいろ考えてみた。
幼稚園に行ってからなので、彼女なりにストレスがあるのかなぁ?なんて。
だから、怒ってしまったことを反省して、なるべく穏やかに、オムツはずれの頃に戻ったつもりで
「おしっこしたくなったら、必ずトイレって言うんだよ」と何度も何度も言い聞かせることにしたところだったのだ。
そんな大事な時に、ははの努力を水の泡にするようなちちの言動。
なんてこった。
確かに、トイレに連れて行くのがちょっと面倒って時があるのはよ~くわかる。
かいととほのかが同じタイミングでトイレに行きたくなるわけでもないし、といって1人だけ公園に置いていくわけにもいかないしね。
だけどぉ。
母親と父親の発言が違うと子供は混乱するから気をつけなきゃとは思っていた。
おチビ達にもどんどん知恵がついてきて、自分に都合のいい方を選ぶようになってきてるんだよね。
ちちともっともっと意見のすりあわせをしておかなきゃ、と改めて思った出来事でした。


ところで。
ほのかは幼稚園で1人だけ外遊びに行かせてもらえなかったらしい。
なんでも、みんなで机に顔を伏せて寝る(ポーズだけ)時間があるらしく、それをやらなかったら外に出してもらえなかった、と言う。
「お部屋で遊んでたの?」と聞くと、
「遊ばないもん」と言う。
「じゃあ何してたの?」
「何にもしないっ」
ほのかにしつこく聞いてたら、ははにも怒られてると思ったのか
「わからないっ」と言って話しを止めてしまった。

とにかく、先生の指示通りにしなかったせいで外に出してもらえなかったのは確からしい。
といって、教室で遊んでたわけでも絵本を読んでたわけでもないらしい。
先生は教室に居てくれたんだろうか。
たった一人で座らされてたんだろうか。
う~ん、なにぶん子供の話なので、事の次第がイマイチわからない。

でも、それってちょっと厳しすぎないかなぁ!?
ただみんなが机に伏せてる時に、先生の言うことを聞かず顔を上げてただけでしょ。
好奇心の塊のほのかのこと、多分顔を伏せてる間に何が起こってるか、気になって気になって仕方がなかっただけだと思う。
他の子に危害を加えたとか、明らかにマナーに反してるとか、みんなに迷惑をかける行為なら罰を与えられるのは仕方ないかもしれないけど、それほどのことじゃないと思うんだけどな。
ま、きっと何度も先生に注意されたのに、全く言うこと聞かなかったんだろうな、とは思う。
ほのかは一筋縄ではいかないタイプだということは、このははが一番よぉ~くわかっているからね。
これが園長先生のいう『ケジメは大切』ということなんだろうか。
う~ん、幼稚園って謎が多いわぁ。
せめて先生が、ほのかにやらない理由をちゃんと聞いてくれてるといいなぁ。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
食育しない主義!?
幼稚園は今日から午後保育開始。
初めての給食なのですが、月曜と水曜は『菓子パンとミルク』というメニューなんだそうだ。
なぜに菓子パン???
ははは朝からどんなパンが出るのか、興味津々だったのである。


バスから降りてきたほのかとかいとに早速インタビュー。
「今日、どんなパン食べたの?」
すると
「メロンパン」との答え。
「それだけ?」
「うん」
お友達も、クリームパンとかチョコパンとか話してる。
は~やっぱり、本当に完全なる菓子パンなのね。
そして、今日もまたおやつにスナックが出たらしい。
う~ん。

そりゃ子供達には嬉しいかもしれないよ。
でも、子供の食べるものなんだから、せめてパンでも調理パンにするとか、サラダかフルーツくらいつけてくれるとか、そういう考えはないんだろうか。
それに菓子パン1個じゃ、いくら4歳児だって足りないだろぉ。
給食費だって、菓子パン+ミルク代よりは払ってハズなんだけどな。
今まで誰もこのことについて意見したことはなかったんだろうか。

この幼稚園はしつけに厳しいって聞いていた。
だけど、こと食育についてはどうやらあまり関心がないらしい。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
転ぶオトコ
今月からおチビ達は3月まで行っていたインターナショナルスクールのサタデークラスに通うことになった。
日本の幼稚園に通うにあたって、せっかく始めた英語を何らかの形で続けさせてあげたいと思った。
それで、事前にいわゆる幼児英語教室の体験にも行かせてみたけど、ピンとこなかったのだ。
発音に関してはネイティブにこだわっていた訳ではない。
だけど、今までのネイティブな明るい雰囲気に慣れていたので、日本人の50代のおばさま先生風のテンポとかいわゆるレッスン的なかんじに、なんだか物足りなさを感じてしまったのだ。
50分位のレッスンじゃ、おチビ達も英語を思い出した頃におしまい、ってかんじだもんね。
その点、今までのスクールなら場所も雰囲気も変わらないまま。
変に意識しないで英語生活にシフトできそう。
そんな訳で、今日からスタートです。

担任の先生は日本人もネイティブも女の先生。
可愛らしい先生でよかった。
教室に入ろうとすると、ほのかもかいともすかざず抵抗。
中ではすでに3月まで一緒だったさくらが遊んでいた。
ママがさくらを呼んで誘ってあげるように言ってくれたんだけど、
ほのかとかいとは尻込み。
さくら以外は知らない子だし、先生も見慣れない人だから、かなり不安に思ったみたい。
“う~ん、困ったなぁ”と思った瞬間。
ほのかが、部屋にあったおもちゃのカートを発見した途端、「バイバイ」と言ってズンズン部屋に入っていった。
変わり身、早っ!
それを見て、かいともそのおもちゃに突進していった。
“おもちゃかよっ!”
そして2人にあっさり「ママちゃん、バイバイ」された。

そして、4時間後。

お迎えに行くと、2人はゴキゲンで飛び出してきた。
「楽しかった?」って聞いたら、声をそろえて「楽しかった!!」って。
あーよかった。
先生に様子を聞いてみたところ、かいとはすぐに英語で答えてくれたけど、ほのかはかなり日本語がでたそうだ。
でも、先生の話すことは理解してたみたい。
「お弁当をめちゃ自慢してくれましたよ」って。
・・・たいしたお弁当じゃなくて恥ずかしいわ。
ま、初日としては上出来だったかな。


その後、ちちと帝国ホテルのところまでお花見にでかけた。
仕事で数時間会社に行かなければならなかったちちは、朝、ほのかとかいとに2択をさせた。
「今日、ちちとお花見に行くか、ちちとお風呂に入るか、どっちがいい?」
すると、かいとは「お風呂入るぅ」
ほのかは「お花見ぃ」
どっちも譲らず。
結果、ちちはみんなとお花見に行って、会社に行って、戻って3人でお風呂に入って、会社に行く、ってことにした。
だったら、早起きしてサタデースクールの間に会社に行ってきたらいいのにねぇ。

お花見ダンゴやら桜餅やらたいそう買い込んで、ホテルの前の階段に座ってさくら見物していた。
すると、ちちのお知り合いに遭遇。
その方は優雅にご家族でランチクルーズに出かけていった。
しばらくすると、今度はちちの会社の面々が通りかかった。
大阪って、ほんと狭いわぁ。

ほのかとかいとが遊んでる様子をなんとなくカメラで撮っていたら、「ほのかが撮るぅ」と言い出した。
カメラをほのかに渡すと、「はい撮りますよぉ」とか言いながら結構上手に撮ってくれた。
何度かやっているうちに、今度はかいとが撮りたがってカメラがかいとの手に渡った。
どんどん川の方に近づいていくので、ちちと2人「かいと、落としそうでコワいな」。
そこで、ちちはかいとの首にカメラのストラップをかけた。
“あーこれで安心”と写真を撮るかいとをのんきに眺めていたちちとはは。
その時である。
シャッターを押してすぐ、こっちに向かって走り出したかいとがこけた。
何もないのに。
そして、首からぶら下がったカメラが地面に!
・・・。
カメラ、見事に壊れました。
ズームが出てる状態で地面にぶつかったから、そのままの状態で曲がってた。
あーあ。
買ってからまだ1年経ってないのに。
落とすことは想像できたんだけど、まさかの転倒。
かいとだってことを忘れてたよぉ(>_<)
ははの心は一気にブルーになっちゃったのである。

ちちはその後会社に出かけていった。
そして、計画通り8時ごろ戻ってきて、晩ご飯を食べ、おチビ達とお風呂に入って、そしてまた出かけていった。
ふふふ、ご苦労様です。
ここんとこ、育児放棄してたし、たまには頑張ってもらわないとね。

ちちのお仕事仲間に会ったよ
↑そんな訳でちちの会社の方から送っていただいた写真です(グスン)
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
ジャンキー過ぎない!?
幼稚園3日目。
朝のバタバタにも少しずつ慣れてきた。
金曜日は体操服登園の日だから、制服より楽。
バスにもぐずらないで乗れるようになった。
しかし、今だ何をしてるかイマイチわからない。

わかったことは、
チューリップの歌を歌ったこと。
毎日おやつがでる。
おやつをもらうときは、後ろに手を組んで待つ。
桃組さんの歌

このおやつがやたらジャンキーなのだ。
この3日、ポテトチップス、じゃがりこ、えびせん、というラインナップ。
そういえば、入園前も幼稚園に行くたびにお菓子を一箱くれたっけ。
そりゃ子供は喜ぶかもしれないけどさ、うちでも絶対に食べさせないって訳じゃないけどさ、
でもちょっとどうよ?
どうせおやつを出してくれるなら、バナナ半分とか少し栄養のあるものにしてはくれないだろうか。


幼稚園の後はいつもの公園に。
公園に行くと、保育園時代の友達も園帰りに来てるから、一緒に遊べるのがうれしいみたい。
今までのお友達との関係も大切にしてあげたいから、できるだけ連れて来てあげようと思っている。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
幼稚園第1日目
初登園の朝。
今日からバス通園なので、遅れるわけにはいかないのだぁぁぁ!!

なかなか食べ終わらないかいとにイライラするのをぐっとこらえ、
全く着替えようとしないほのかをやさしくフォロー。
「ままちゃん、バイバイなの?」とけん制してくる2人に
なんとかバス乗り場まではご機嫌を損なわないようにと、いつも以上に気を遣った朝だった。
初登園

その甲斐あって、早めに家を出ることに成功。
同じマンションのけいすけくんと一緒にバス乗り場まで行った。
同じ場所から乗るお友達と機嫌よく待っていたのだが・・・。
バスが来た途端、2人とも必死にしがみついてきた。
「ほらほら、お友達もみんな乗ってるよ」と言ってもなかなか離れない。
が、要領の良いほのかはすぐに割り切って「バイバイ」と言いながらバスに乗り込んだ。
かいとはいつまでもグズグズ泣いていたので、抱っこして先生に手渡す羽目に。
ふぅ~。


今週一杯は午前保育。
行ったと思ったら、すぐにお迎えの時間になってしまうのだった。

2人とも笑顔でバスから降りてきたのでほっと一安心。
ただ、かいとは少しバスに酔ったみたいで、「気持ち悪い」と言う。
幼稚園に行くに際して一番懸念していたのはこの車酔い。
う~ん、大丈夫かなぁ。

ここは気持ちを切り替えさせるのが一番、と畳み掛けるように質問。
「なにしたの?」と聞くと、「おやつ食べたぁ」って。
えっ?こんな短時間でおやつ?
かいとは「メロンのおかし」と言うけど、ほのかは「違う」って言う。
はてさて、どんなお菓子がでたんでしょう?
っていうか、そのおやつって必要かぁ?

その後もいろいろい聞いたけど、なにぶん子供の話、何をしたのかよくわからないまま。
わかったのは“三輪車に乗られて楽しかった”ということだけ。
明日はもう少し何かわかるだろうか・・・。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
感動の入園式、のはずが・・・
入園式

ほのかとかいと、無事に入園式の日を迎えることができました!!
ちちと手を繋いで、元気に歩いて幼稚園へ。

先生から「ほのかちゃん、かいとくん、おめでとう!」と
制服の胸に名札とお花をつけてもらって、ゴキゲンな2人。

ところが・・・。

式が始まるというので、子供たちが集められた。
子供たちだけ、並んできしゃぽっぽスタイルで入場するのだという。
瞬時に事態を察知したほのかとかいとが、もの凄い力でははにしがみついてきた。
かいと「ままちゃ~ん」と号泣。
ほのかもべそっかき状態だ。
ほとんどのお友達は前の子の肩に手をかけ、楽しそうに待ってるというのに。
“えっ!?なんで?あなたたち、慣れてるはずじゃない?”
と思ったけど、そういう問題じゃないんだよね、きっと。

「大丈夫だよ。先に会場に行ってるから、お友達と一緒においで」と言ってみたけどダメ。
ちちと2人で何度も言い聞かせたけど、ぎゃあぎゃあ泣いて離れる気配なし。
離れる時はタイミングが大事だって、今までの経験で学んでいたんだけどちょっと失敗。
だって、まさかこんなに抵抗されると思わなかったんだもん。

しばらくしてなんとか諦めたほのかの手を、前のお友達の肩にかけ、
号泣し続けるかいとを先生に手渡し、ちちと逃げるようにして式場に向かった。
40数人中、先生に抱っこされてたのは3人ぐらいかなぁ。
あー、泣き虫かいとくん・・・。

式場で待っていると、子供たちがやってきた。
“うちの子、どこだぁ?”と探していると、かいとくん入場。
泣き止んでちゃんと歩いてやってきたので、ほっと一安心。
かいとは最前列に座った。

少し離れて、ほのかちゃんが仲良しのりりちゃんと連れ立って入場してきた。
さっきは違うところに並んでいたから、りりちゃんをみつけて割り込んだに違いない
お隣同士で着席。
こうしてなんとか無事に入園式に参加できたのだった。


まずは園長先生のお話し。
終わるやいなや、参列していた在園生が
「あ~り~が~と~ご~ざ~い~ま~すぅ」
その関西弁バリバリのイントネーションにちちと2人で苦笑
次に来賓の方のお話し。
終わるやいなや、またまた在園生が
「あ~り~が~と~ご~ざ~い~ま~すぅ」
在園生の言葉。
これまた完全なる関西弁イントネーションだった

在園生がダンスを踊ってくれた。
まずは、プリキュアの衣装に身を包んだ女の子6、7人が登場して、プリキュア5GoGoのテーマ曲を1つも乱れることなく踊りあげた。
そして、今度は男子チーム。
ゴーオンジャーのテーマ曲を、これまた1つとして間違うこともなく踊ってくれた。
・・・凄過ぎっ。
凄かったは凄かったんだけどさぁ。
感動するよりちょっと怖くなっちゃったのだ。
ちちも同感だったみたい。
「誰も笑ってないけど、大丈夫かぁ?」って。
そう、誰一人ニコニコして踊ってはいなかったのだ。
「あ、間違えちゃった~エヘ
ってな子が1人ぐらい居てもご愛嬌じゃない!?

同級生が40数人も居るので、式場の後ろからだと自分の子の姿を見つけるのだけでも大変。
かいとは最前列だったからなんとかその様子は見られたけど、
ほのかの様子はいまいち。
ま、そんなこんなで、ただなんとなく不安な気持ちばかりが残り、
子供の制服姿に感動して涙することもなく、入園式は終了したのだった。

はてさて、どんな園生活が待っているのやら。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
4chの日
4月4日は4chの日。
というわけで、MBSのイベントへでかけた。

雨が降る前に、と会場に着いたのは11時。
ゆうちゃんと合流すると、パワーアップ!
雨のせいか割と空いていたので、会場内をあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
かいとパンダ
ほのかうさぎ
昼頃、らいよんチャン登場!
あんなに楽しみにしていたらいよんチャンだったのに、かいともほのかもちょっとビビリぎみ。
「握手したら?」「一緒に写真撮る?」というははの言葉にもイマイチの反応だった。
せっかく空いてて握手し放題だったのにぃ
一方、ゆうちゃんは積極的。
らいよんチャンに抱きつき握手し腕を組んで、家に連れて帰りそうな勢いだった
らいよんチャンがやってきた
その後、ランチしに会場をでた。
そのまま帰ろうと思っていたのだけど、3人とも「もう一回行くぅ」というので、また会場へ。
それから数時間。
3人は飽きることなく会場で遊びまわっておりました。
まるで自分達のために作られたテーマパークのごとく・・・。
その間も幾度となくらいよんチャンは登場してくれた。
けど、最後までなんとなくビクビクしながら接近しているほのかとかいとだった。
らいよんチャン三昧
ルーキーズらいよんチャン

会場を後にしたのは、なんと5時!!!
ゆうちゃんは4時頃帰ったけど、ほのかとかいとはその後も遊び続け、
「もう勘弁してくださいっ」というははの叫びで、ようやく帰る気になってくれた。
ベビーカーに乗った途端、2人ともダウン。
寝ながら家に帰れる君たちは幸せだよねぇ・・・。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
落ちないで~
ははの英会話レッスンの後、くにちゃんとお花見がてら公園へ。
2人は初めて行った公園で最初ちょっと躊躇していたけど、しばらくするとだんだんといつもの調子が。
ブランコしたり、すべり台したり。

でもねぇ、かいとはやっぱりちょっとビビりぃなのだ。
ほのかと2人、すべり台で楽しく遊んでいるうちは良かったけど、そのうちほのかはブランコへ行ってしまった。
かいとは1人で遊んでいたけど、すべり台に小学生のお兄ちゃんが5、6人集まってきたら、慌ててははの元へ戻ってきちゃった。
「遊んでおいでよ」といっても、「いやだぁ」って。
こないだのお花見の日のことがちょっとトラウマになっているのかも。

その後、また一緒に遊び始めたほのかとかいと。
高い高い場所に上って、
「みなさ~ん、こ~んにちわ~!」
と、いつものコンサート。
ノリノリで歌い踊ってる2人だったけど、見てるこっちは落ちやしないかとヒヤヒヤでしたぁ

舞台発見
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
小学生ベビーシッター、参上!
ははのお友達が小5のみかちゃんを連れて遊びに来てくれた。
ほのかもかいともみかちゃんが大好き!
みかちゃんも2人のことを妹弟みたいに思ってくれて、凄くかわいがってくれてるのだ。
ははもみかちゃんがきてくれると大助かり!!
本当はしょっちゅう遊べるといいんだけど、今の小学生って何かと忙しいんだよね。
家もちょっと離れてるし。
だから、みかちゃんの学校が休みになると、ははは慌てて連絡を取って遊びに来てもらっている。

みかちゃんと一緒にお花見ランチ、って思っていたけどちょっと肌寒かったので、近所のうどん屋さんで食べてからいつもの公園へ。
ほのかとかいとはみかちゃんに「一緒にすべり台しよ~」「お砂しよ」と、間髪いれずに遊びのお供を強要していた。
あんまり肌寒かったので、1時間ほどで撤退。

家に戻ってきてからも、「みかちゃん」「みかちゃん」。
みかちゃんは、かいととほのかを代わる代わる抱っこしたりして、
帰る頃にはさすがにちょっと疲れてたみたい。

夜、みかちゃんママからメール。
9時にぱったり寝ちゃったそうな。
ううっ、みかちゃんごめんね。
でもでも、これに懲りずまた遊びにきてね!
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
映画初体験
『スペシャルな体験をさせよう』企画は継続中。
6日目の今日は、プリキュアの映画へ。

実は、おチビ達を連れて映画館に行ったのはこれがはじめて。
USJにある4Dエルモなら、見たことがあるけどね。
飽きっぽいほのかが最後までちゃんと見てくれるか、それだけが心配だった。

劇場に入るとすぐ、ポップコーンを売っているのを発見した2人。
「ぽぷこん、ぽぷこん」とうるさい。
“これがあれば静かに見てくれるかも”という期待もあり購入。

かいとは最後まで、ただただ一心に画面を見つめて座ってた。
終わると「今度はマダガスカル、見よ!」

ほのかも静かに見てた。
ポップコーンが無くなるまでは、ね。
終盤、ポップコーンが無くなると、案の定ごそごそしだしだ。
「ぽぷこんちょーだい」
「もうないよ」
「おしっこぉ」
「あと少しで終わるよ」
「ママちゃん、だっこぉ」
・・・。
ま、予想通りってことでしょうか。
プリキュアオールスターズ
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。