よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
我が家の家政婦さん
ついについに、我が家に家政婦さんがやってきた
この家政婦さんは『食器を洗う』という仕事でのみ、能力を発揮してくれる・・・。

そう!!
念願の食洗機を買ったのだ。

友人から「家政婦さんを1人雇ったくらい楽になるよ」と聞かされて以来、ずっとずっと欲しいと思っていた食洗機。
機種に悩み、置く場所に悩み、一年ほどの期間を経てようやくお迎えすることが出来たのだった。

しかぁ~し、買う前から充分わかってはいたことだけど、なんといってもでかいっ
シンク横には置く場所が確保できず、シンクの後ろ側のカウンターに置いたので、カウンターキッチンの開放感は著しく失われてしまった。
目の前にそびえたつ食洗機に邪魔されて、料理しながらTVを見ることが出来なくなってしまったのだ。

それでも、使い始めて約一週間。
まだ試行錯誤しながら使ってる段階なので『家政婦さん』並みって訳には行かないけれど、この食洗機さんのおかげで肉体的にも精神的にかなり楽になってきてるのは確か。
出かける時間が迫ってる時になかなか食べ終わらなくてもイライラしなくていいし、夕食後の片付けをしてる最中におチビ達にギャーギャー泣き喚かれて“こっちが泣きたいよぉ”ってこともなくなった。
手荒れも良くなってきたしね。
食洗機さん、これから末永くよろしくぅ。

 more...

スポンサーサイト
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
モデル気取り
暖かい日だったので、おチビ達の髪を切りに美容院へいこうと思い立った。
「髪の毛チョキチョキしに行く?」と聞くと、2人とも「うん」と嬉しそうに答えた。
「じゃあ美容院に行こうね」と言うと、唐突に「かいとはお兄さん」「ほのかはお姉さん」と言いいだした。
この前美容院に行った時、かいとはお兄さんに、ほのかはお姉さんに髪を切ってもらったのをちゃ~んと覚えてたのだ。
お互いに何度も言い合ってるうちに、かいとが「かいとはお姉さん」なんて言い出して、ほのかったら「ほのかがお姉さんっ」と泣いて抗議する始末。
なんで、そんなことで泣く必要が!?

2人の気が変わらないうちにと、美容院へ。
この前同様、ほのかはお姉さんが担当、かいとはお兄さんが担当だった。
かいとが隣にいるほのかが何か言う度に急にそっちへ顔を動かすので、担当のお兄さんはかなりビビッていた。
「じっとしててって言っても無理だもんね」と言いながら。
それでも、2人とも途中でぐずる事もなく無事に終了。

ほのかは揃える程度にしか切らなかったからあんまり変わってない。
切り終わってほのかに「可愛くなった?」と聞いたら、鏡の自分を見つめてニッコリと満足気。
かいとはすこし短めにしてもらったから見た目もすっきり。
かいとにも「かっこよくなった?」と聞くと、やっぱり鏡の自分を見て「うん」とニコニコ。
髪型に満足したのかは定かではないけど、1人で大きな鏡の前に座って大人と同じ様に髪を切ってもらったのが嬉しかったみたい。
家についてからもかなりゴキゲンで、「ハイチーズして」と写真撮影を強要されてしまった。
髪を切りました
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
鉄婚式、だそうです
今年もあっという間にやってきちゃいました。
ははの誕生日。
一年って、なんて早いんだろう・・・。

せっかくの誕生日だというのに、どうやら風邪をひいたみたい。
なんだかぼぉっとしてたので、昼間は家から一歩も出ずにダラダラと過ごした。
はぁ~。

夕食は、ちちが予約しておいてくれた店へ家族4人でおでかけ。
メニューは我が家のお祝い会の定番になりつつある、鉄板焼き。
ほのかもかいとも、いつもよりちょっぴり遅めの夕食でかなりおなかがすいていたらしく、実によぉ~く食べた!
ほのか 食べる かいと 食べる

“あぁ、美味しかった”って思ってから気付いた。
おチビ達の食事も以前に比べるとだいぶ手がかからなくなったな、って。
以前は外食してもゆっくり味わってる余裕がなくて、美味しいのか美味しくないのか正直わからずじまいってかんじだった。
でも、今日は“あぁ、美味しかった”ってちゃんと思えたもん。

このところすっかりチョコレートの味を覚えてしまった2人。
食後のケーキのお皿に乗っていたチョコをいち早く発見すると、ささっと手を伸ばしてパクッ。
あ~、先が思いやられるわ。

誕生日プレゼントはおねだりしていたDS。
おチビ達を寝かしつけて、さっそく試してみたかったのだけど体がだるくて断念。
まずは風邪を治すことが先決、ですな。

今日は6回目の結婚記念日でもあった。
6年目は『鉄婚式』で鉄のように強い絆で価値ある人生を願う、という意味があるらしい。
縁あって出会って結婚して家族が増えて友達も増えて、2人の絆は知らず知らずにたくさんの人と結びあって強くなってるはず。
この一年も幸せでありますように・・・。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
バレンタインデー
今日はバレンタインデー。
かいとのために、たまにはね、と簡単なチョコパイを作ってあげた。
レシピは、近所のスーパーのチラシに載ってたもの。
冷凍のパイ生地をハート型で抜き、クリームチーズとチョコを入れて挟んで焼くだけ。
パイ生地なんて使ったことがなかったから、ちょっぴり不安だったけど案外うまくいった。

保育園から帰ったおチビ達に早速ごちそう。
ほのかもかいとも「これなに?」と言いながらパクッ。
「わぁ、チョコだぁ」って喜んで食べてくれた。
バレンタインデー2008

「バレンタインデーはね、女の子が好きな男の子にチョコをあげるんだよ」って説明した。
すると、ほのかは「チョコぉ?」とそこだけ聞いてもっともらえると思ったらしくめちゃうれしそう(>_<)
ほのかは食べる方じゃなくてあげる方なんだけどぉ。
きっとほのかは、自分で買って自分で食べるタイプ、になるだろうな。

かいともいつの日か「母親の作ったチョコなんていらねえよぉ」なんて言うのかしら。
まぁ、そうじゃなかったらそれはそれで困るし。
その日が来るまで、ははは頑張って愛するかいとにチョコを送り続けます!
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
食いしん坊
今日誕生日を迎えるりりちゃんママともうすぐ誕生日の私のために、ママ友達が誕生会をしてくれた。
場所はひよちゃん家で、後のメンバーはあっちゃんとゆうちゃんの、いつものメンバー。
ひよちゃんママはお料理好きで、この日もチラシ寿司にサラダにケーキ、パン、ドーナツとそれは豪華に作ってくれた。
どうもありがとう!!!

この日も毎度のことながら親たちはおしゃべりしっぱなし。
もう2年半もの付き合いになるママ友とのおしゃべりはつきないんだよね。
この日、子供たちが一番盛り上がったのが廊下ダッシュ。
子供って、廊下とか長く走れるところが好きだよなぁ。
幸い、ひよちゃん家は下が駐車場だそうで、走ってもジャンプしても問題ないそう。
ほのか ひよちゃん家でニッコリ かいと ひよちゃん家でダッシュ


おチビ達は今日も食べまくってた。
他のお友達が遊び始めても、次から次へと食べ続けてた。
遊んでいても、新しい食べ物がお皿に盛られると、飛んできて両手にキープしながら平らげた。
ママ友たちとおしゃべりしてふと見るたびに、2人の口はもぐもぐしてた。
はぁ・・・。

なんでこんなに食いしん坊なんだろ。
みんなに「食べなくて困るより絶対いいよ」「食べてくれるから作り甲斐があるじゃない」って言われたけど、それは確かにそうだけど、でも食べ過ぎじゃないかぁ。
特にほのかはあまりにおなかが出すぎてて、かなり心配。
やっぱり生まれてからずっとライバルがいるせいなのかなぁ。

昼から夕方までずっと食べていたのにもかかわらず、晩ご飯もしっかり食べたおチビ達・・・。
君達の胃袋、穴が開いてないかぁ?
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
雪祭りのはずなのに
万博公園で雪祭りをやっていたので、しょうちゃんママを誘って出かけた。
このイベント、どっかから雪を運んできて人口雪も降らせて雪だるまつくりとかそり遊びとかができるというもので、本当は9日に行くつもりだった。
公園近くに住むだいちくんファミリーを誘って一緒に行こうとしたのだけど、大阪一帯に本物のすごい雪が降って人口雪で遊ぶどころじゃなかったので断念、その日はキッズプラザに行ったのだった。
そんな訳で、今日はリベンジ!
暖かくてお外で遊ぶのにもぴったりのいい天気。

万博公園の入り口についた途端、偶然にもだいちくんパパから「今日はペンギンがいるよ」と会場の様子を知らせるメールが。
だいちくんファミリーもやっぱりリベンジしてたのだ。
万博公園雪祭りのペンギンさん

えっちらおっちらベビーカーを押してようやく会場について、おチビ達が楽しみにしていた雪だるまを作りに行こうと辺りを見回したけど、“へっ?どこに雪が降ってるの??”
人口降雪機で雪をガンガン降らせて『辺り一面雪景色』ってのを想像してたのに、全然(>_<)
雪のかたまりがところどころにあって、そこにちびっ子たちが群がっていた。

せっかくなので、ほのかとかいとに長靴を履かせて雪の上に立たせた。
万博公園雪祭り

が、しかし。
それでなくても歩きにくい長靴で、たくさんの人に足で踏まれて固められた雪の上。
転ばないわけがない。
特に歩くのがへたっぴなかいとは、数歩歩いてはすってんころりん。
雪だるま作りどころじゃないよぉ。
それでも、硬くなって氷に近くなった雪を触らせたりしてちょっとだけ遊ばせて、すぐに雪エリアから撤退した。

近くでおひるを食べていただいちくんファミリーに無理矢理合流して、一緒にランチ。
後からやってきたしょうちゃん&ママとも合流。
ほのかとかいとも、最近は自然としょうちゃんと一緒に遊ぶようになってうれしい。
手をつないで歩いたりして、めちゃかわいい。

だいちくんパパは「電車じゃ遠くて来るの大変だったでしょ」と心配してくれた。
そういうもんかなぁ。
今までも何回か来てるし、万博公園までは乗換えが楽だから、何とかなるんだよね。

その後、一緒に2時間くらい広場で遊んだ。
っていうか、だいちくんパパにたくさん遊んでもらった。
この前ようやく買った外遊び用のボールを持っていってたので、ほのかもかいともそのボールで遊びたくて何度もだいちくんパパにおねだりしてた。
せっかくの休日、だいちくんと一杯遊びたかったろうに・・・。
どうもすみませんm(__)m

だいちくんは自然を愛する男の子。
どんぐりや葉っぱで上手に遊ぶ。

だいちくんがどんぐりを拾って池に投げてるのをみて、ほのかもかいとも真似しだした。
我が家の近所の公園にはどんぐりがないので、2人ともどんぐりをあまりよくわかっていない。
特に、ほのかはどんぐりのことを「くり」と思ってるふしがある(>_<)
危ないので「これはどんぐりで食べられないよ」と念を押しておいた。
かいともかいとで「どんぐり」と言ってはうれしそうに何かを拾ってくるのだけど、とてもどんぐりには見えない小さい実。
そのすぐ横に、ちゃんとどんぐりが落ちてるじゃん。
う~ん、かいとくん・・・。
「どんぐりはこれだよ」としっかり覚えこませときました。

だいちくんが落ち葉をたくさん集めて「ポストに入れてくるね」「この手紙は来週の日曜日に着くんだよ」なんて言いながらママと遊んでるのを見て、目からうろこ。
葉っぱを手紙にするなんて素敵!
うちのおチビ達はこんな遊びしたことないなぁ。
外で遊ぶってなると、さぁ滑り台だ、お砂場だ、ってお決まりの遊び方しかさせてなかった気がする。
そうだよね。
木の実だって落ち葉だって石ころだって、とってもいい遊び道具なんだよね。
だいちくんとママに教えてもらったなぁ。
だいちくん、パパ、ママ、ありがとうございました!
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
冬ならでは・・・
昨日、大阪にもたくさん雪が降った。

“マンションの庭園なら、人も少ないからまだきれいな雪が残ってるかも”と思って、
朝ごはんをささっと済ませて、おチビ達に長靴を履かせて、急かしながら庭園へ。

あった、あった!

もう解けはじめてはいたけれど、割ときれいな状態で雪が残ってた。
「雪だるま、雪だるま」と楽しみにしてたおチビ達と、早速雪だるま作り開始。

でも・・・。

でっかい雪だるまを作ってあげるはずが、久々に触る雪はめちゃめちゃ冷たくてすぐに挫折。
おにぎりサイズに丸めるので精一杯だった。
一方、ほのかとかいとは初めて触る雪に興味津々。
すぐに真似したがって、「ちゅめたいっ」とか言いながら雪を丸めてた。

2人に、目にする小石を拾ってきてもらって、目をつけた。
細~い草で口もつけた。
そうやって、なんとか完成した4体のチビ雪だるま。
一応、ちちと、ははと、ほのかと、かいと、ってことで。
はじめて見せる本物の雪だるまなのに、こんなに小さくていいのだろうかぁ(^^ゞ
雪だるまを作ったよ

その後も、おチビ達は雪のあるところを見つけてはザクザクッ歩き感触を楽しんでた。
「♪ぱぱぴぴぷぷペンギンペンギン」なんて歌いながら。
ほのか ペンギン歩き かいと 雪が降ったよ

 more...

Posted by 海風
comment:3   trackback:0
[未分類
親の知らない時間
OPEN DAYで、ちちを連れておチビ達の様子を覗きに園へ行った。
先生に呼ばれて部屋に入ると、黒いビニールカーテンが張られてた。
そのカーテンに開けられた小さい穴から覗くと・・・いたいたぁ。

みんなで輪になっていすに座ってる。
ほのかとかいとは一番端っこに並んで座ってた。
先生が一人ひとりの名前がローマ字で書かれたカードを掲げて見せ、自分のものを取りに行くというのをやっていた。
ほのかもかいとも、自分の名前のカードが出てくると、間違わずにちゃんと取りに行った。
“えっ、自分の名前が読めるの?”とびっくりしたけど、冷静になって紙の色で判断してるのかもって思った。
後で先生に聞いたら、やっぱり色で判断してるらしい。
うっかり親バカ発言するとこだったよぉ。

そして、おチビ達がいつも歌う「♪What's your name What's your name~」。
はじめて、本当のメロディーとリズムがわかったよ。

次は、でました「♪Twinkle, twinkle, little star」
「園で何したの?」と聞くと、必ず返ってくる答えが「Twinkle, twinkle歌った」だ。
“そんなに毎回歌ってないやろ”と信じてなかったのだけど、どうやら毎回ちゃんと歌ってたみたい。
ハハハ、疑ってごめんよぉ。

あっ、ほのかが家で眠そうにしてた時に急に「sleepy」って言ったので驚いてたんだけど、それも園で習った歌にあったことがわかった。
家では無理して英語を使わせようとしてはいなくて、今はこうやって自然に少しずつ英語に触れていけるならいいかな。

その後も、歌ったり踊ったり。
ほのかもかいとも聞いてた通り、けっこうノリノリだった。
時々お互いにちょっかいだしたり、よそ見したり、鼻くそほじくったりしてたけど(>_<)

終わり頃、あずさ先生がなかなかじっといすに座っていられないお友達を自分の横に座らせて、それでもダメで結局自分の膝の上に座らせた。
それを見ていたほのかが何を思ったか、自分のいすをSUNNY先生の横にズリズリと運んでいって座った。
すると、それを見ていたかいとが、やっぱり自分のいすをSUNNY先生の反対側の横にズリズリと運んでいって座った。
結果、ほのか&SUNNY先生&かいと、というまるで漫才トリオのような立ち位置になっていた。
なんだぁ、この前に出たい体質は!!

でも、成長したよね。
短時間とはいえ、親から離れて集団生活できるんだもん。
こうやってどんどん親の知らない2人の時間が増えていくんだろうなぁ。
サークルタイムでの2人


見学はサークルタイムだけだったので、2人が果たして2人っきりで遊んでるのか、他のお友達と一緒に遊んでるのか、正直なところあんまりよくわからなかった。
でも、なんとなくやっぱり個々というより『2人でセット』ってかんじ。
2人でいることで安心してるんだろうなぁ、って気がした。

ちちは、今日の様子を見た上でクラスは分けた方がいいんじゃないかと言う。
そうだよねぇ、きっとその方が世界が広がるよなぁ。
でも・・・まだ結論は出ません。
もう少し、様子を見てからってことで。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
一緒じゃなきゃイヤ?
今日、明日と保育園でOPEN DAYというのがある。
このOPEN DAYというのは、子供たちの日頃の様子を保護者が見学できるというもの。
もちろん日頃のありのままの様子を見るために、子供たちに知られないよう保護者は部屋に張られたカーテンの裏からこっそり覗き見るのだ。
我が家は明日の予定なので、今日は見学しなかった。

お迎えに行った時、見学したママから
「ほのかちゃんとかいとくん、誰よりもノリノリで踊ってましたよ」
と報告を受けた。

そうなのかぁ。
確かに園で習う歌を家の中で歌ってる時も超ノリノリで踊ってるしな。
でも、いったいどれくらいノリノリなんだろ?
明日が楽しみ~。


それともうひとつ、お迎えの時に担任の先生からも報告が。
サークルタイムと言って、みんなが輪になっていすに座って、歌ったり踊ったりする時間が朝に1時間ほどある。
いつも、ほのかとかいとはその時間、隣同士で座っているらしいのだけど、
たまたま今日、みんなが立ったり座ったり移動してるうちに2人の席が離れてしまったそう。
そうしたら、かいとは全然平気な顔をしてるのに、ほのかが「かいとのとなりぃ」と言って泣き出してしまったそうだ。
先生が
「でも、ちゃんと説明をしたら、最後にはわかってくれて泣き止んで座ってくれました」って。

へえ、意外。
かいとの方が、姿が見えないとすぐ「ほのかは?」って聞くのになぁ。

いつも園で2人がどの程度一緒に遊んでるのか気になっている。
別行動で他のお友達と遊んでるのか、2人でくっついて遊んでいるのか。
先生いわくは、まだ2人で一緒に遊んでることが多いらしいんだよね。

実は春にはクラス替えがある。
2人を別のクラスにしてもらうか同じクラスのがいいのか思案中なのだ。

ははとしては“別のクラスで他のお友達と遊ぶ機会を増やしたい”と思っていたのだけど、
今日の出来事を聞くと、“まだ離れるのは心細いのかな?もう少し一緒にいさせてあげた方がストレスが少ないかな?”なんて、心が揺らいでしまった。

でも、他のお友達はみんな1人で頑張ってるんだもんね。
ここはひとつ、崖から子供を突き落とすライオンのお母さんの気持ちで冒険させてみよっかなぁ。
明日の見学で2人の様子をじっくり見てから決めようと思っている。
Posted by 海風
comment:4   trackback:0
[未分類
懐かしの紙相撲
今日は雨の中、双子サークルへ。
初参加の双子の赤ちゃんがいっぱいだった。
“赤ちゃん、かわいいなぁ。ほのかとかいとももう一回赤ちゃんになってくれないかしら”なんてちょっと酷いことを考えたりして・・・。
今ももちろんかわいいけど、赤ちゃんのかわいさは格別なんだもん。

ほのかとかいとはこのサークルで一番の年長さん、つまり私も一番の先輩ママってこと。
必然的にいろんな質問に経験談を話すことになるのだけれど、さすがに1年以上も前のこととなると段々記憶が薄れてきてる。
双子ママにとって一番の重労働ともいうべき『入浴』について相談されたのだけど、イマイチ思い出せない。
“9ヶ月ってまだしっかり立てないよなぁ。どうやって入れてたっけ?”
“確かに大変だったなぁ”ってことは思い出せるんだけど、肝心の“どうやって?”となると記憶が曖昧。
なんとか記憶をたどって説明しながら、
「でも、今思えば大変な時期は一時。いつか楽になるから頑張って!」なんて・・・。
あんまりアドバイスになってないなぁ(^^ゞ
育児ってこうやって少しずつ忘れていくからこそ、その日その日は大変でもやり続けられるのかもなぁ。
でも、先輩ママとして役立つために、来月までに調べておこうっと。
こんな時のための育児ブログだもんね。


さて、お風呂あがりのチョキチョキ遊びに少し変化が。
ほのかが急に「のこったのこったしたい」と言い出した。
それが紙相撲のことだと理解するのにしばらくかかった。
聞くと「ことちゃんで見た」というので、『いないいないばぁ』でやってたのかも。

そして、何年ぶりに紙相撲のおすもうさんをハサミでチョキチョキして作ってあげた。
紙を2つに折って、半身の形に切って開くとおすもうさんの出来上がり。

ほのかとかいとにそれぞれ2体ずつ作って立ててあげると、テーブルを叩いて「のこったのこった」と始めた。
叩くとおすもうさんが動いたり倒れたりするのが面白いみたい。
倒れると「あー負けちゃったぁ」なんて言って大騒ぎ。
のこったのこった

“わーこんなの切ったの何年ぶりかなぁ”
ハサミと紙を動かしながらチョキチョキしてるうちに、こっちはこっちですっかり懐かしくなって作るのに熱中してしまった(^_^;)
明日はウサギさんとクマさんでも作ってみようかな。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。