よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
離れ離れの2人
また、ほのかが発熱。
月曜に少し咳がでだしてはいたんだけど、熱はなかったのでインフルエンザの予防接種を受けた。
そのせいかなぁ。

とにかく38.5度もあるので保育園はお休み。
あ~、今日はいろいろ用事を済ませたかったのに、全部キャンセルだ。
ちょっと、というかだいぶ不安だけど、かいとだけ保育園に行ってもらうことにした。

ほのかとかいとは、別行動をしたことがほとんどない。
どちらか1人だけを連れて出かけたことがないのだ。
離れて過ごしたといえば、生まれて4日目くらいかな、かいとはGCUに入院、ほのかはGCUを退院して母子同室になった、ほんの数日だけ。
だから、3時間も別行動をするなんて、2人にとってもははにとっても大冒険。
かいと、大丈夫かなぁ。

とりあえず2人とも保育園に連れて行って、かいとだけお願いした。
部屋を出るとき、かいとはいつものごとくちょっとべそをかきながら、
それでも「ママちゃ~ん、タッチ。バイバイ」と自ら別れを告げてくれた。
一応「今日はほのかはお休みだよ」って説明していたんだけど、きっとその段階ではほのかも一緒だと思っていたんだろう。

部屋を出るとき入れ違いで登園してきたママ友に、園の外で再会。
「かいとくんに4回ぐらい「ほのかはぁ?」って聞かれたから説明してあげたよ」とのこと。
家でちょっと姿が見えなくても「ほのかはぁ?」って聞かれるもんなぁ。
そこも双子ちゃんで、1人だけ預けたことはないという。

ほのかはというと、ははを独り占めできるとわかっているからか、妙にゴキゲン。
“保育園に行けたんじゃないの?”という位、元気いっぱいで病院へ向かう。
病院でほのかを診てもらうと、「ただの風邪だから熱は続いても2日ぐらいでしょう」とのこと。
熱の割には機嫌もいいしね。
思う存分甘えられるほのかは、「ジュース飲みたい」だの「ラムネ食べたい」だの「階段登りたい」だの、そして「抱っこぉ」と言いたい放題だ。

いったん家に戻ると、ようやくほのかの口から「かいとはぁ?」という言葉が。
相棒がいなくて、ちょっと寂しくなってきたみたい。
2人でおじやを食べて、かいとのお迎えに行った。

部屋から出てきたかいとはいつも通り元気いっぱいだった。
いつもとちょっと違かったのは、ランチの完食度が60%だったこと。
いつもは90%とか100%とか書いてあるから。
やっぱり少し不安だったのかな。
メニューが好みじゃなかっただけかもしれないけど。

先生に聞くと、ほのかのいないことに気付いてからしばらく「ほのかぁ、ままちゃ~ん」と泣いていたそうな。
でもそのうちに泣き止んで遊び始めたらしい。

ほのかはははと一緒にいたから安心だっただろうけど、かいとはたった一人で3時間もがんばった。
あの、泣き虫かいとが、だ。
えらかったぞぉ!
かいとくん、またひとつ成長したね。
はははとってもうれしいよぉ。
スポンサーサイト
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
初めてのUSJ
3連休の最終日、おチビ達を連れてUSJに行った。
くにちゃんと、ちちと、計5人。
寒さを心配してめちゃめちゃ着込んで行ったけど、すこぶる快晴でとっても暖か。
風邪ひいたり寒そうだからと数回延期したおかげで、結果的にはUSJに行くにはベストな日となったのだ。
ラッキー!

入り口付近でキティちゃんに遭遇。
ほのかはすぐさま走っていってキティちゃんに急接近した。
かいとは少し躊躇しながらも近づいていって、写真を撮るとすぐに撤退。
その後、ほのかはなかなか戻ってこなかった。
行動を共にしていたちちによると、ほのかはキティちゃんにタッチとバイバイを強要したらしい。
ほのか キティちゃんに遭遇

進んでいくと、エルモのパレードをやっていた。

 more...

Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
お姉ちゃん好き
おチビ達を連れて、近くの子育てセンターで開かれた『一緒に楽しみ・感じあう、あそびの講座』というのに参加した。
今回のテーマは『びりびりしてあそぼう・紙あそび』
この講座、おチビ達にはピンポイントだったようだ。

まずはアンパンマン体操から。
かいとは毎度のごとく「抱っこ」で体操。
ほのかは始めのうち、ははの横で元気に手を振り体を振り振り踊っていた。
この日は、講師でいらしてた方の小学生のお嬢さんが子供スタッフとして参加してくれていた。
これを、お姉さん好きのほのかが見逃すわけもなく、さっさと目の前に行って自分専属にしてしまった。
結局、最後までこのお嬢さんはほとんどの時間、ほのかとかいとの相手をしてくれた。

体操が終わると、いよいよびりびりタイム。
まずは新聞をびりびり破る。
新聞を広げてグーでパンチして破る。
なんたって、日ごろ「やってはいけない」と言われる新聞をびりびり破けるんだから、おチビ達が興奮しないわけがない。
ぎゃあぎゃあ言いながら破りまくった。

破った新聞を適当に丸めて、それに折り紙を貼り付けて、おにぎりとかサツマイモとかみかんとかいろいろ作った。
ほのかもかいとも「おにぎりにぎにぎっ」なんて歌いながらめちゃ楽しそう。

新聞をくるくる丸めて、先の方に切込みを入れて、中から引っ張り出すと、木の枝みたいのができた。
2人に作ってあげると、うれしそうにお姉ちゃんに見せに行ったり、ちゃんばらしてみたり。
その時、破りまくった新聞を集めましょうということになった。
掃除好きのかいとが、その棒状のものをほうきにして新聞の破片を集め始めた。
“ん、なるほどねぇ”
子供の発想は自由だなぁ。

集めた新聞を手で持って「いっせいのせ」でばら撒いた。
ほのかもかいとも新聞まみれになりながら大騒ぎ。
こんなことも家ではさせられないもんなぁ。

今度は集めた新聞を大きな布の上に乗っけて、その布をみんなで持ってパタパタした。
この段階で、おチビ達のテンションは最高潮に達した。
布の下に入ってはギャアギャア言いながら走りまくり。
布の端を持って一緒にパタパタしては倒れこんで大興奮。
かいとは「もう一回」「もう一回」と最後までねだっていた。
やっぱりこういうダイナミックな遊びが好きなんだよね、子供って。
今まで参加した講座の中でも、ダントツ一位のハイテンションだった。

この後、絵本を読んでもらって、もう一回アンパンマン体操をした。
絵本を読んでもらっている間、ほのかとかいとは交互にお姉さんの膝の上を陣取っていた。
アンパンマン体操もお姉さんと一緒。
最後は恒例のタッチ&握手でお別れした。
お姉さん、お疲れ様でした。
おかげではははだいぶ楽チンでした。


夕食の準備に取り掛かった時、携帯電話が鳴った。

 more...

Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
第一段階、終了!?
はは、久しぶりにダウンしてました。
たぶん、風邪。
ちちの誕生日の次の日、38.5度の熱を出し、そこから4日。
下がったり上がったりする熱と胃のムカムカと戦った。
一年分の疲れを取るべく、おチビ達を保育園に押し付けて寝まくり、帰ってきてからは一緒にお昼寝、夜も早々に就寝と、健全(?)な生活を送ったらようやく完治。
さ、年末まで、頑張らなきゃ!

さて、保育園に通うおチビ達、特にほのかに明確な変化が現れてきた。
先週、勘のいいほのかは出掛けにバッチをつけるのも嫌がり、保育園に行かないっていう意思表示で無理矢理ベビーカーに乗り込んだり、保育園の入り口で座り込み泣き叫んでいた。
保育園では、ははがいなくなると、すぐ泣き止んでダンスに興じてるらしいんだけどね。

ところが今日のほのかはちょっと違う。
自ら進んで保育園の門をくぐり、園の入り口ですでにバイバイと手を振った。
朝、集合する部屋を指差して、「あっち行くの」って言って、元気よく行進しながら部屋に入って先生のところへ飛び込んでいった。
んんっ!?
急にいい子じゃん。

かいとは相変わらず元気よく部屋に入った。
で、すぐに気づいて、「たっちぃ」と半べそになりながら、ドアのところにいるははのところへやってきた。
でも、タッチしたら、ちゃんとニコニコしながらバイバイって手を振ってくれた。

これは、ようやく『保育園への道、第一段階終了』ってことかしら。
慣れてきたのかな、ははと離れての生活に。
お友達や先生と一緒にいるのが楽しいってわかってきたのかも。
次回の登園日まで一週間、また元の姿に戻らないよう祈るのみである。
Posted by 海風
comment:4   trackback:0
[未分類
ちちの誕生日
ちちの誕生日。
おチビ達の風邪もようやく治ったとこなので、おうちで誕生会をすることにした。

朝から、何度となく『Happy Birthday♪』をBGMで流して、おチビ達に「今日はちちの誕生日だよ」と繰り返しインプットした。
まさに洗脳(^_^;)

今日のメニューは『ほうとう鍋』
ほうとうというのはきしめんよりもっと太い麺で、それをかぼちゃとかはくさいとかの野菜と肉と一緒にぐつぐつ煮て食べるのだ。
関西ではなじみがないと思うけど、山梨の郷土料理。
小学校まで山梨育ちだったちちは、このほうとう鍋が好き。
この前、なぜか近所のスーパーにこのほうとう麺が売っていた(ただ、香川県のうどん屋さん製だから、本場のものではないんだけれど)。
で、ほうとう鍋をやってみたら、ちちにもおチビ達にも好評だったのだ。

午前中に買い物を済ませ、お昼寝の後に予約しておいたケーキを取りに行って準備は万端!
ところが・・・。

家に着いて“さぁ、晩御飯の用意しよう”と思ったら、なんだかとってもだるぅ。
節々も痛っ。
熱を測ったら、やっぱりありました。
37.5度(>_<)
そんな訳で、“作る手間が少ない鍋にしておいてよかったぁ”と思いつつ、ちちの帰りを待ったのだった。

「おなかすいたよぉ~」とかいとのおなかが限界に達した頃、ようやくちち帰宅。
さっそく、ほうとう鍋を囲んで、ちちのお誕生会となった。

今回はより美味しくすべく、野菜を追加したり、煮方を工夫した。
かぼちゃ、白菜、白ネギ、にんじん、大根、里芋、ごぼう、しいたけ、そして豚肉。
前回、かぼちゃを最初に入れちゃったら、食べる頃には跡形もなくなってしまったので、半分は始めに入れて荷崩して、半分は後の方で入れた。

いやぁ、食べた食べた。
ほのかもかいとも、熱々のほうとうを冷ます余裕もなく「ちゅるちゅる食べるぅ」「おかわり」を連発。
ちちはその度に2人のお皿にほうとうを入れ、冷まし用のお皿にほうとうを入れ、“さ、食べよ”とするとすでにおチビ達のお皿は空、っていうのの繰り返しでおチビ達と格闘しながら食べてたよ。

ほうとうでおなかいっぱいだったけど、食後のケーキ。
ろうそくに火をつけて、みんなで『Happy Birthday♪』を合唱。
その後、ほのかとかいととちちとで火を吹き消した。

ほのか「今日は何の日だっけ」というと、ちょっとはずかしそうに「ちちたんじょうび」と言った。そして「たんじょうびおめでとう」と。
かいとも「はっぴーばーすでーちち」。
段々にテンションが上がってきたおチビ達は、ちちの顔を覗き込んでは「たんじょうびおめでとう」「はっぴーばーすでーちち」を繰り返す。

ちちがふと、こっちを見てしみじみ言った。
「やっぱり双子ってええなぁ」

ははぁ~ん、よっぽどうれしかったんだね。
内心ちょっとウルウルしちゃってたんじゃないのぉ~?
子供に祝ってもらえる誕生日って、今までのその日とは格段に違ううれしさがあるかも。
親が歳をとるほどに子供は少しずつ少しずつ成長していくんだね。
この夜、ちちの目じりは下がりっぱなしだった。
HappyBirthday to ちち! 
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
じぃじの誕生日
今日はじぃじの誕生日。
我が家は関西、じぃじは関東と離れているのでいつもお祝いには行けないのです。
そこで、ほのかとかいとから♪Birthday Song♪のプレゼントを贈ることにしました。
残念ながら2人ともカメラを向けると小さい声になっちゃうんです。

ほのかからは短い短いお祝いメッセージ!

かいとは元気にソロで歌のプレゼント♪

いつまでも元気で優しいおじいちゃまでいてくださいね。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
誰のお友達?
昨夜、ほのかが携帯電話で誰かとお話ししてた。
もちろんおもちゃの携帯電話なので誰にもつながってはいない。
ほのか 誰とお話ししてるの?

「うんうん」 (相手の話に相づち)
「う~ん」 (首をかしげてちょっと考えてるポーズ)
「ハンバーグ
いったい何の話ししてるんだろ?
「ムニャムニャ くにちゃん ムニャムニャ」
えっ?くにちゃん?
「うんうん」 (またまた相づち)
「バイバ~イ

電話が終わったようなので話しかけてみる。
「ねぇほのか、誰とお話ししてたの?」
「くにちゃん」
「くにちゃんと話してたの?」
「うん」
「元気だった?」
「うん」
そう言うと、携帯電話を手渡される。
「ママちゃんも」
「ははもくにちゃんにかけるの?」
「うん」
仕方なく、くにちゃんと話してるフリをして電話をきるとほのかはニコニコと満足気。

ほのかもかいとも電話でお話しする(フリだけどね)のが好きなんだけど、相手を聞くと答えは決まって「くにちゃん」。
くにちゃんはこのブログにもしょっちゅう登場する、ははの大切なお友達だ。
ほのかとかいとを連れて何度も一緒にお出かけしてもらってるし、ははの英会話の時は代わりに面倒を見ててもらってる。
ほのかもかいともくにちゃんが大好きだ

念のため、ほのかに聞いてみた。
「ねぇ、くにちゃんは誰のお友達なの?」
「ほのか」


ん~なるほどね
くにちゃん、そういうことらしいんで、末永くよろしくぅ
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
朝の戦い
ほのかを保育園に連れて行くのが少し大変になってきた。
初めて行った日は部屋に入ってバイバイする時、その次の日は部屋のドアを開けた時、そのまた次の日は園のドアを開けた時、と通う度に連れ泣き出すタイミングが少しずつ早くなってきていた。
そしてついに今朝は園の門を開けようとした時、
「公園に行くのぉぉぉぉ!!!」
と入ろうとしない。
抱きかかえて無理矢理園に入ったけど、「いやなのぉ」と大声で泣き叫んで入り口に座り込んだ。
激しく抵抗されて抱っこするのも一苦労。
なんとか部屋に連れて行って先生に引き渡したけど、ものすごい形相で泣き叫び、引き離されまいと必死だった。

かいとはというと、ほのかが座り込むその横で、1人でさっさと上着を脱ぎ、靴を靴箱に入れ、ははの後ろをトコトコついてきておとなしく部屋に入ってくれた。
2人の様子はすっかり逆転だ。機嫌よく遊んでいたけど、「バイバイ」って言ったらようやく気づき泣きだしたので先生にパス。

同じクラスのお友達のママから、通い始めてからずっと週末でも「園には行かない」って言い続けて大変だと聞いていた。
ほのかとかいとはそういうこともないし、“2人だから慣れるのも早いのね”なんて気楽に考えてた。
が、しかし・・・。
どうやら、今になってようやく『園に行くとははに置いていかれる』って気づいたらしい。
他のお友達より、鈍感だっただけかぁ(^_^;)
かいとも、もうひと波あるのかな。

朝のほのかの様子があんまりだっただけにちょっと心配しながらお迎えに行った。

 more...

Posted by 海風
comment:4   trackback:0
[未分類
ちち真似
今日は天気が悪かったので『おうち遊びの日』と決めて、おチビ達と遊びつつ今さらながら衣替え。
まずは子供の夏服を『来年も着られるだろう服』と『もう着ない服』にわけようと思った。
数は大してある訳じゃないのだけど、これがなかなか難しい。
単純にサイズだけで判断すれば簡単なんだろうけど、同じサイズでも大き目のものと小さ目のものがある。
“これなら来年も着られるんじゃない?”なんて思い始めると、“あれがイケるならこれも?”なんて考えてしまって全然進まない。
来年の夏、おチビ達がどのくらいのサイズになっているのかよくわからないし。
はぁ~、全部終わるまでにあと何日かかるかなぁ・・・。


かいとは保育園で教えてもらった『キラキラ星』の英語版が最近のお気に入り曲。
「とぅいんくーとぅいんくーりーとーすたー♪」と、両手をひらひらさせながら歌いだす。
ここまではまぁ一応英語っぽい。
しかし、その後。
本当は「How I wonder what you are!」と続くはずだけど、かいとの場合は
「はーわーゆー はーわーゆー」
う~ん、確かにちょっと似てるけどねぇ。

夕飯の後片付けをしている時、かいととほのかのはしゃぐ声が聞こえてきた。
「一緒に寝よ!」
「うん」
カウンター越しに覗いてみたけど、2人の姿は見えず。
様子を見にキッチンから出てみると、ソファに仲良く並んで寝転んでるのを発見!
一緒にネンネ

「一緒に○○しよ!」というセリフ、最近よく聞く。
かいとが誘って、ほのかが「いいよ」って言うパターンが多い。
時々、ほのかは「イヤ!」と冷たく断るときがあって、それでもかいとはしつこく何度も「○○しよ!」と誘い続け、しまいには叫びながらほのかを引っ張ってるときがある。
女の子のオシリを追い掛け回すようなオトコになったら困るなぁ・・・。


歯磨きタイムのほのかのショット。
ほのか ちちのマネ

ほのか曰く「ちちまね」
たばこを吸ってるちちの真似なのだそう。
子供の前でタバコを吸うの、やめさせないと!
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
ドコで覚えたの?
キッチンで洗い物をしている時、なにやらおチビ達の楽しそうな声が。
覗いてみると、ほのかがソファに寝転がってるかいとの髪の毛をゴシゴシ、2人で仲良くシャンプーごっこをしてた。

こんなこと、どこで覚えたんだろ

“美容院ごっこ?”とも思ったけど、ははがカットに行く時は1人で行ってるから美容院でシャンプーしてるのを見たことはないんだよね。
TVコマーシャルでやってたのかな?
それとも、いつもお風呂で髪の毛を洗ってもらってる真似?
どちらにしても面白い遊びを思いついたもんだ。
ほのかがちゃんとシャンプーを泡立てて髪を洗うのにも感心したし、うれしそうに洗われてるかいとが可笑しくて、「もう一回やって」と何度もアンコールしちゃった


夜は一緒にTVでアイススケート観賞。
選手の演技に感化された2人は真似して足を上げたりクルクル回ったりして大盛り上がりだった。
まずはこちら↓をご覧あれ。

この後、かいとがどうなったか・・・。

誰もが容易に想像付くと思うけど、勢いあまってコケて思いっきり床に頭をゴツン。
「いたぁ~い、だっこぉ」と大泣きしたのは言うまでもない
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類]  thema:双子の子育て - genre:育児
親離れ!?
午前中、病院に行く用事があったのでおチビ達は家でちちとお留守番。
ちちには朝食を、おチビ達にはおやつのみかんを用意して、
「じゃあ、行ってくるね~」と言うと
ほのかもかいともみかんを剥きながら、あっさり「バイバ~イ」だって。

ええっ!?

ちち派のほのかはともかく、かいとは「ママちゃ~ん」と泣きながらしがみついてくるのがお約束では!?

なんだよぉ。
出掛けにグズグズ言われるとそれはそれで面倒なんだけど、こうもあっさりだとちょっと寂しい。
そんな思いを見透かしたように、ちちは「親離れだねえ」とニヤニヤ。

保育園に行くようになったからか、このところかいととちちの距離が埋まってきてるからか、
それともみかんに夢中だっただけか。
みかんに負けた!?

子供の成長はうれしくもあり寂しくもあり。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
寝相、悪すぎ~
1ヶ月程前から、寝室のシングルベッド2つに家族4人で寝ている。
おチビ達がベビーベッドを卒業してからずっと、子供部屋にふとんを2枚ひいて母子3人だけ雑魚寝してた。
だから、1年半位寝室はちちが好きに使っていて、
服は散らかし放題、私物の本やら読んだ新聞を放置、『ちちの館』と化していたのだ。
先月、ちちが2、3日帰ってこなかった時に(仕事です、念のため^_^;)、思い切って整理整頓をして、
母子3人はめでたく寝室で寝ることとなった。

布団を敷いたり畳んだりしなくていいのって、なんて楽チンなのぉぉぉ!!!

毎晩、お風呂前の忙しい時に散らかり放題のおもちゃを片付けて布団を敷くの、大変だったんだよぉ。
布団を敷こうとする度に、おチビ達が面白がって布団にダイブしたり包まって遊んだり大騒ぎ。
朝、布団を畳んで隅に置くと、間に入ろうとしたり上に乗っかったり。
それに、子供部屋とリビングは引き戸で仕切られているだけだから、リビングの明かりもTVの音も子供部屋に漏れてしまう。
だから、おチビ達が寝た後は部屋を少し薄暗くして、TVの音も聞こえるか聞こえないか位小さくして身を潜めるように過ごしていたのだ。

寝室で寝るようになってからは、おチビ達を寝かしつけた後こっそり寝室を抜け出し、1人でゆっくり雑誌を読んだり部屋の片づけをしたり心置きなくTVを楽しんだりしている。
最近お気に入りの、ジンジャー、エキナセア、カモマイル、タイムなどのハーブをブレンドした冬仕様のハーブティーにしょうがのすりおろしを少し入れたドリンクを飲みながら・・・。
体がポカポカしてめちゃ暖まるので、オススメ!!

時々、寝室の様子を見に行くと、
壁側に寝ていたハズのかいとがベッドの真ん中に寝ててほのかが壁にペッタリ引っ付いていたり、
ほのかの足にかいとの頭が挟まれるような形で寝ていたりする。
どっちかが乗り越えたのかなぁ、どうやったらこんな不思議な格好になるんだろ、と必死に笑いをこらえながら定位置に戻してあげるのだけど、少し経って見に行くとまた変なポジションになっている。

そんな状態なので、こっちもなかなか安眠はできない。
先日もほのかに足で目をキックされたし、昨日もかいとに乗っかられて首を絞められそうになった。
被害はははだけでなく、夜中に帰ってくるちちにも及ぶ。
寝ている時に時折ちちの「痛っ!」って声が聞こえてくると、可哀想というより可笑しくってわざと無視したりして。

シングルベッドに家族4人はちと狭い。
それでも今はこの窮屈さを、ははは楽しんでいる。
さてさて、ちちはどう思っていることやら。
毎晩“1人の時のがグッスリ眠れてよかったな”なんてブツブツ言いながら寝てたりして・・・。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。