よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
和太鼓で親子共々いい気分!
子育てセンターで行われた和太鼓の親子講座に出かけた。

外は雨。
それだけでもちょっと憂鬱なのに、さぁ出かけるよという時に予想通りおチビ達のイヤイヤ攻撃が始まった。

はは  「今日は雨だからベビーカーに乗っていくよ」
おチビ達 「あるくぅ」
・・・ほらきた
はは 「あめあめこんこんだから歩いては行けないの
おチビ達 「あ・る・く」
・・・ここで負けてはいかんと、気を取り直す
はは 「さ、黒ベビーカーに乗って」
かいと 「赤べびぃ乗るぅ」
ほのかはというと、ちちに靴を履かせてもらって戦線離脱
はは 「今日は黒ベビーで行くよ」
かいと 「いやぁ赤べびぃ」
・・・あ~もうめんどくさい
はは 「じゃあ、赤ベビーでいいから乗って
かいと  「いや!黒べびぃ乗るぅ」
ったく、なんでしょね。

そんなこんなで、バタバタとセンターへ。

さて、肝心の和太鼓講座。
12、3人の編成で威勢よく和太鼓演奏がスタート。
ドンドコドンドコと始まった途端、あまりの音にびっくりしたのか泣き出す子続出の中、ほのかは手を叩いたりバチを振る真似をしたりしながら体を横に揺らしてノリノリ。
さすがは天神祭のお囃子を目の前で見てもびくともしなかっただけのことはあるわぁ。
(このお話はこちら
)
かいとは何が始まったのかと興味津々で演奏してる人達をじっと見つめてた。

何曲か演奏の後、実際に和太鼓を叩かせてもらえることに。
ほのかもかいとも「待ってました」とばかりに太鼓の元へすっとんでいった。
2人の背丈くらいある大きな太鼓の前に立って、長いバチを使ってドンドコドンドコと楽しそうに演奏!?
この講座、打楽器好きなおチビ達ならきっと楽しんでくれると思ったんだよね。

ははも叩いてみたけど、和太鼓ってしっかり腰に力を入れて叩かないとすっきりとしたいい音が出ない。
夢中で叩いてるうちに気分爽快。
雨で憂鬱な気持ちも出掛けにイライラしたこともすっかり忘れさせてくれたよ。
和太鼓、ありがと!m(__)m

途中ちょっとグズりはしたものの、最後はゴキゲンで終了。
演奏してくれた人達がおしまいの挨拶をすると、お調子者の2人は傍まで寄っていってバイバイと手を振り、その上一人ひとりにタッチと握手を求めに行く始末(←これ、最近のおチビ達のマイブーム)。
周囲の人達の笑いを誘っておりました

ほのかとかいとのバチさばき、なかなかキマッてると思いませんか?
和太鼓に挑戦

スポンサーサイト
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
2人で遊ぶということ
昨夜のお風呂上りのできごと。
脱衣所でほのかを拭いていると、先に居間へ飛び出していったかいとがタッタッタッと戻ってきてほのかに向かって言った。
かいと(首をちょこんと横に傾けて)「行く?」
ほのか「うん、行く」
そうして2人は居間へと行ってしまった。
少し経って居間へ行ってみると、ほのかとかいとは1つのいすに仲良くちょこんと座って、棚から出したDVDを眺めて顔を見合わせたりなにやらおしゃべり。
どれを見ようかと相談してたらしい。
最近、この2人はけっこう仲良し。

人によく「双子ちゃんって2人で遊びます?」と聞かれるんだけど、「遊んでますよ」と答えながら、内心“あれってほんとに2人で遊んでるっていうのかなぁ”と半信半疑だった。

例えば・・・
ほのかがおもちゃのカップとスプーンでおままごとをして遊び始める。
すると、かいとがやってきてそのおもちゃを奪って遊び始める。
ほのかは違うカップを持ってきて遊ぶ。
2人ともおままごとをしてるにはしてるけど、一緒に遊んでるってのとはちょっと違うような・・・。

それとか
ほのかが滑り台で遊んでいる。
と、かいとがやってきて滑り台で遊び始める。
2人は順番に階段を登っては滑り、登っては滑り。
これも、一緒に遊んでるっていえなくもないけど、なんか違う気が。

だけど、最近“おおっ! これこそ2人で遊んでるって言えるのでは!?”と思う場面が多々あるのですよぉぉぉぉ。
今までと明らかに違う点は『2人で会話しながら遊んでる』ってとこ。

これがまた、意外や意外、かいと先行なんだよな。
かいとが遊ぶ時にほのかを誘うことが多くなったのだ。
「ほのか、おいで~」とか「○○するぅ?」なんて言って。
時々、ほのかに「イヤ!(きっぱり)」と拒絶されて、無理矢理手を引っ張ってけんかになったりもしてるけど。

少し前までは、ほのかが遊び始めたおもちゃをかいとが奪う、というのの繰り返しだった。
だけど、最近ほんの少しだけ『順番』とか『交換』というのができるようになってきて、『一緒に遊ぶ』ということを理解しはじめたみたい。
双子が仲良く一緒に遊んでる姿って、あ~これはもう双子を持った母だけが知る可愛さ(^_^;)

とはいえ、まだまだけんかもしょっちゅう。
かいとにおもちゃを奪われ続けていたほのかが、最近応戦する様になったのだ。
かいとを押し倒したり、叩いたり。

今日はあんまりお昼寝が長かったから、さすがに4時半近くなって起こすことにした。
2人に1度声をかけたらなんとなく目を開けたので、その場を離れて用事を済ませてた。
突然、かいとが「ぎゃあ~」と泣き出したので、慌ててかいとの元へ。
「どうしたの?」と聞くと、寝ぼけ眼で「ほのかが噛んだぁ~」と言いながら指を差し出したけど、特に噛んだ痕もなさそう。
かいとは寝起きがとても悪くて、起き抜けに寝ぼけることがある。
当のほのかは寝たまんま。
さて、真偽のほどは・・・。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
子供に叱られた・・・
昼間、ちょっとパソコンで調べ物をしてた時だ。
急いでたのでパソコン用のいすに中途半端に腰掛けて片方の足を横に出していたら、その様子を見ていたかいとくんが一言。
「ちゃんとすわるのぉ」
×××。
いつも食事時、いすから片足を出して横っちょ座りをするかいとに注意していたら、反対に注意されちゃった(^_^;)
どうもすみません・・・。

今まで、マイペースというかノーテンキというか、とにかくやることなすこと“おいおい大丈夫かぁ?”と思わされることばかりだったかいとくん、このところ成長めざましい。
暇さえあれば「お掃除したいの」とクイックルワイパーを手にして、長いこと床を掃除(?)してくれる。
そればかりか、今日はタオルをつかんだかと思うと、窓のところに行ってフキフキしてた。
大分前から掃除機をかけるの好きなのだけど、それは単に『掃除機』が好きなのだと思っていた。
でも、どうやら掃除が好きみたい。
お片づけも大好き。
「お片付けしよ」と声をかけると、“ほのかに先を越されてたまるか”とばかり慌てて走ってきてはおもちゃを箱に入れたり絵本を本棚にしまったり。
手伝おうと手を出すと「持てるのぉ」と怒られる。
「お買い物に行こうか?」と声をかけると、大概はかいとが慌ててリモコンを探し出してTVを消してくれる。
そして部屋を出ようとした時、片付け忘れたおもちゃが1つ落ちていたりすると「あっおかたづけぇ」と叫んで意気揚々と片付けに行ってくれる。
そのうえ、つけっぱなしにしてた扇風機も止めてくれる。
ダメ男はマメ男に変身中。

ほのかはというとこちらはちょっと期待薄。
かいとにクイックルワイパーを手渡すとほのかも「おそうじ」といって欲しがるから手渡すのだけど、手に持ってるのはほんの数分。
気づくともう違うことをしてる。
「ほのか、お片付け」といっても、大概はしらんぷりだ。
片付けも掃除もどちらかというとほのかに頑張ってもらいたいんだけどな。

晩御飯の後、『まるまるちびまる子』というTV番組をなんとなくつけていたら「はぁ~い、おっぱっぴー」の小島義雄が出てた。
ほのかもかいともTVを指差して「あっ、おっぱーぴー」と叫んだ。
最近、おチビ達は彼に敏感なのだ。

はじめは「おっぱーぴー」って叫ぶおチビ達が面白くて「はぁ~い、おっぱっぴー」の振りを教え込んだだけだったけど、気づけばおチビ達自ら「そんなのかんけ~ねぇ」ってとこも真似して拳骨をフリフリするようになった。
こんなアホなことを教え込んでる馬鹿なははです・・・。
今夜も2人でノリノリだったのだけど、録画しようと携帯を向けた途端かいとは携帯剥奪に躍起になってしまって断念。
そんな訳で、ほのかのおっぱっぴーをどうぞ。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
乗り物三昧
久々にちちがお休みだというので、ちょっと遠出しようとハーベストの丘に行った。

スタートの遅い我が家のこと、着いて早々ランチ
ここは食べ物がけっこう充実してた。
石窯で焼くピザも美味しかったし、パン工房の手作りパンもGOOD!
おチビ達は自家製ソーセージが気に入ったようで、ちちと争奪戦を繰り広げていた。
デザートに手作りプリンも食べて、腹ごなしはばっちり
いざ!!

まずはほのかがプールに浮かべたちびっ子用ボートに乗りたがったのでちちと3人で乗船。
楽しそうな2人と対照的に、ちちはなぜかちょっと船酔いをしたそうだ
ちちとボートに乗ったよ

ミニSLにも乗った。
このミニSLはなんと本物の蒸気機関車なのだそう。
珍しいことにちち&かいと、はは&ほのかという組み合わせで、離れた場所に乗った。
ほのかが前に居る2人に「ちち~」「かいとぉ」と呼びかけて手を振ると、かいとも「ほのかぁ」と手を振った。
分身だけに離れてるとちょっと寂しくなるのかしら。
ミニSLしゅっぽしゅっぽ

その後、つり橋を渡って、動物とのふれあいコーナーへ。
牛の乳搾りをさせてあげたかったけど、すでに満員でダメだった。
「抱っこぉ抱っこぉ」とグズるほのかにははがてこずっている間に、ちちがかいとを連れて羊のえさやりに行った。
少しすると、かいとが「びえ~ん」と泣きながら戻ってきた。
ひつじに餌をやろうとしたら手をべろ~んと舐められてびっくりして泣いたそうな。
“ここでやめちゃうと恐怖心だけが残っちゃうかも”と、かいととほのかを連れて再度挑戦しにいった。
ちちとははがお手本を見せたけど、ほのかも目の前にいるひつじさんに「こわいぃ」を連発。
ほのかはうさぎさんまでも「こわいぃ」らしい。
でも、そのうちにやってみたくなったのか、最後は2人ともどうにか餌やりに成功した。
動物とのふれあい、これからもどんどんさせなくちゃね。

つり橋から小川と原っぱが見えたので、おチビ達を放牧することに。
とても暑い日なのに、小川のそばは心地よい風が吹いて涼しくて気持ちがいい。
足首より高い雑草をものともせず走り回るおチビ達を見ながら、子供たちは広い原っぱがあればそれで十分なんだなぁと思う。
ちちが買ってきたカキ氷の大半をおチビ達に食べられた
お腹壊さなきゃいいけど。

しばらくのんびりしてから、今日一番気になっていた芝すべりゲレンデへ。
またまたちち&かいと、はは&ほのかでそりすべり。
このゲレンデは最大斜度20°で関西最大級だそうで、最初の1回はははもちょっとこわごわだった。
でも、ほのかもかいとも大はしゃぎ。
おチビ達は降りた途端に「もう一回」「もう一回」とおねだりした。
20分間、自由に滑っていいというシステムで、もう一度滑るためには上までおチビ達を連れて上がらなくてはならない。
これ、親にとってはかなりハードなエクササイズ
「もう一回」と言っておきながら登る道すがらすぐ「抱っこぉ」としがみつくほのかが、ははにはビリーに見えたのだった。

へとへとになったちちとははは牧場の定番ソフトクリームで充電した。
が、またまたおチビ達に大半を奪われる
こいつら、ほんとに大丈夫かぁ!?

帰る直前。
ははがお土産を買いにいって戻ってみると、おチビ達はめちゃ楽しそうにキティ号に乗っていた。
キティ号で2人仲良く

降りた途端、2人は今度隣にあったワンワン電車に勝手に乗り込んで、「おかね!」「おかね!」と叫ぶ。
ったく、はずかしいったらないわ
結局これもまた乗車。
ほのかは前についている鍵盤を弾く真似をしてノリノリだったし、かいとはゴキゲンで手を振りまくってた。
ワンワン電車も乗ったよ

牧場に行ったわりに、なぜか乗り物三昧の一日に。
子供のリクエストに答えていたら、お金がいくらあっても足りないわ。
でもゴキゲンなおチビ達を見ていると、つい「今日は特別だよ」って財布の紐が緩んじゃうんだよなぁ
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
得意不得意
午前中、ちょっとだけマンションの公園で遊んだ。
ほのか 階段をよいしょっとぉ かいと なぜか滑り台に大興奮

久々の公園でうれしいのか、何の歌かよくわからないけどゴキゲンに2人で歌ってます。
ムービー初公開 

 >を押すと始まるよ

その後、近所の小児科へ。
ここ2日ばかりほのかが夕方から夜にかけて38度位の熱を出していたので、連休に入る前に念のため診てもらっておこうと思ったのだ。
ついでといっては何だけど、鼻水ぎみのかいとも一緒。

相変わらず病院好きの2人。
名前を呼ばれた途端、我先にと先生の部屋にダッシュ。
まずはほのかからと、抱っこしていすに座ろうとしたら「ママちゃん、こっち」といすから降りるよう指示された
1人で座りたいんだって。
診てもらうと、喉はちょっと赤くて確かに風邪はひいてるけど薬を飲むほどでもないとのこと。
ついでに虫刺されのところも診てもらった。
火曜日に虫に刺されて、夜中もひどく痒がって掻きまくったので、赤く大きく腫れて水ぶくれもできてしまったのだ。
薬を塗って触らないようにガーゼを張っておいた患部を先生に見せた。
「あ~お母さん、これは相当痒かったはずですよ。これだけ腫れてかたくなってるってことは蚊アレルギーかもしれないですね。」と先生。
あ~ほのかちゃん。
「カユイカユイ」といって掻こうとするのを「掻いたら余計痒くなるよ!触っちゃダメ」と叱ったり、「イタイのぉ、アンパンマンばんこうそう(絆創膏のこと)はるのぉ」と何度もいうのを「しつこい」と怒ったりしてごめんね。
蚊に刺されるたびに、ものすごく腫れて水ぶくれになってたんだけど、それはほのかが掻き毟るせいだとばかり思ってたよ。
すんごく痒かったんだね。
塗り薬と痒み止めの飲み薬も出してもらった。
これで少し痒さが収まるかな。

かいともちょっぴり喉が赤いけどたいしたことはないそうで、診察は終了。
2人は「ありがと」と言って診察室を飛び出していった。

先生が「2人ともおしゃべりがだいぶ上手になってきて、少し楽になったんじゃないですか?お母さん」と言うので、
即座に「今までの中でいまが一番辛いです(-_-;)」と答えて、しばし愚痴を聞いてもらった。
先生いわく、お母さんによってそれぞれ育児の得意な時期があるそうだ。
新生児の頃が得意だったり、思春期の頃が得意だったり。
みんな、いつかどこかで苦労して、最終的には苦労の量は一緒ってことらしい。
先生が見てた限り、おチビ達がまだ赤ちゃんの頃の私は双子を育ててる割にそんなに大変そうには見えなかったそうだ。
確かに私自身も、あの頃はおチビ達が生まれる前に想像していた程大変ではなかった。
だから、私は新生児の頃が得意なタイプだったのかも。
家に3人で居るとしんどいから、毎日外へ連れ出してると話すと、先生は「外出できるうちは大丈夫ですよ」と言った。
「外に出るのも億劫になってしまうようだったらまた話しに聞てくださいね。」と温かいお言葉。

あ~育児って、みんなに支えられて成り立ってるんだな。
おチビ達が生まれてくれたおかげでたくさんのいい人たちに巡り合えてるんだよね。
そう思えば、あのイヤイヤ攻撃も全然気にならないわ・・・って訳にはいかないんだな、これが。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
夕飯準備までの長い道のり
ほぼ毎日、夕方にお散歩がてら市場に買い物に出かける。
最近はどうせベビーカーで行っても途中で勝手に降りて後々邪魔になるので、歩きで行くことが多い。

八百屋さんの前で、ほのかは「トマト」、かいとは「かぼちゃ」と叫ぶ。
ほのかはトマト好き、かいとはかぼちゃ好きなのだ。
「またぁ?」と言いながら、トマトとかぼちゃを買うと、今度おチビ達は「おかね」と叫ぶ。
しかたなくおチビ達に10円ずつ渡すと、うれしそうに店のおばちゃんに渡している。
おばちゃんもよくわかってて、おつりを2人に手渡してくれたり、袋を2つに分けて持たせてくれたりする。

鰹節屋さんの前でひとしきり遊んだ後、ラムネをもらって食べて帰るのがお決まりコース。
このところおチビ達は別れ際にタッチと握手をするのがマイブーム。
お店の人に「バイバイ」と声をかけられる度、それぞれが「たっち」「あくしゅ~」ってしに行くので、市場から出るまでが大変!

市場から出ると、大して歩いてないのにどっちかが「だっこぉ」と言い出す。
かいとの方が断然多いけど、2人とも言い出すとお手上げだ。
はぁ~

マンションの前まで来てキーホルダーを取り出した瞬間、おチビ達は「ぴっ」と叫んでキーホルダー争奪戦を開始する。
たいていはギャアギャアうるさいかいとに先に手渡すことになる。
かいとは意気揚々とオートロックのボタンのとこに行くけど届かず「だっこぉ」と叫ぶ。
重い荷物を腕に掛けたままかいとを抱っこして、ピッとやらせてあげて(これもキーレスエントリーっていうのかな)オートロックのドアを開ける。

すると、今度はほのかが「ぴっ」と叫ぶので、ほのかにキーホルダーを手渡す。
ほのかの方が背が低いのに、なぜか手が届くので自分でピッとやる。

オートロックのドアは既に開いてるんだけどなぁ。

マンションに入ると、今度は郵便受けのところへ一目散
各部屋の郵便受けには南京錠のような鍵がかかっていて、2人ともそれをいじるのが大好きなのだ。
「他のおうちは触っちゃダメ」と何度言っても聞く耳持たず
うちの鍵を開けて中のものを取り出すと、「見るぅ」と言うのでDMを1つずつ渡す。
鍵を閉めようとすると、「ほのかがやるぅ」と叫ぶので鍵を渡すけど、穴に入れるまで結構かかる。
なんとか鍵をつけることができると、今度はかいと。
かいとはぶきっちょさんなので、なかなか穴に入れることができない。
段々機嫌が悪くなってくるので、適当なところでかいとがやったように誤魔化して鍵をかける。


すると、今度はエレベーターに向かってまっしぐら
ここではメカオタクかいとの本領発揮。
「上▲を押して」と言うと、ほぼ間違いなく上行きのボタンを押してくれる。
エレベーターが来て乗り込むと、かいとは「ななっ」と叫んで7階のボタンを押す。

ここで油断すると、非常用のボタンを押そうとするので、手で押さえて阻止。

エレベータが7階に着いて降りると、今度は「かぎっ」と叫んでドアのところまでダッシュ
ドアの前まで来ると、またどっちが先に開けるかでひと悶着あるけど、これも先にかいとに手渡すほうが無難。
かいとを抱っこして鍵を開けさせ、部屋に入れ、またドアを閉める。
今度はほのかを抱っこして鍵を開けてもらう(もう開いてるんだけど)。
ほのかと部屋に入ると、かいとは「お帰り~」なんて言って1人で靴を脱いでいる。

そのまま遊ぼうとするおチビ達に手を洗うよう言う。
かいとが洗面所に走ってきて、踏み台に上る。
ハンドソープのボトルを取って出してあげようとすると、すかさず「持てるのぉ」と叫ぶ。
「あ~自分でできるんだもんね」と言いながらボトルを手渡すと、かいとはうれしそうにニヤッとしながらあっちへ行っててとばかりに「バイバイ」だって
全部1人でやりたいから、ははに邪魔されたくないのだ。
行った振りをして覗こうとするのを察知して、またもや「バイバイ」
仕方なくキッチンで買い物の整理をしてから見に行くと、ハンドソープを何回も何回も出して泡だらけ
肘まで泡だらけのかいとの手を洗ってあげようとすると、「できるのぉ」と振り払われる。
洗い終わると、今度は「あっ、こっぺ(くちゅくちゅぺっのこと)」と言ってコップを手に取る。
そして、水を出してコップに注ぐ。
溢れてもなかなか止めてはくれないので水を止める。
かいとは『くちゅくちゅぺっ』と何回かやってから、「もう一回いい?」と言ってまた水を出してコップへ。
これを4回ほど繰り返す
「長いよ、後がつかえてるよぉ」と言うと、ようやく終了。


待っていたほのかがようやく踏み台へ。
ハンドソープのボトルを取ってあげようとすると、またもや「ほのか、持てるぅ」と叫んで阻止される。
そして自分でボトルを取って、石鹸を手に出す。
こっちも3回は出すので泡だらけ。
手を洗ってから、やっぱり「こっぺ」と言ってコップを手に取る。
そして、水を出してコップに注ぐ。
コップから水が溢れていても、かまわずどんどん注ぐ。
「水を出しっぱなしにしないこと!」と叫んで、水を止める。
ほのかは一回だけ『くちゅくちゅぺっ』とやると、コップの水を流して、また水を出す。
コップに水が一杯になると、また一回だけ『くちゅくちゅぺっ』をして水を捨て、コップを元の位置に戻す。


居間に戻るとき、ほのかはははがキッチンへ行ってしまうのを察知して「一緒にあそぼ」とまとわりついてくる。
TVをつけてごまかして、隙を見てさっとキッチンへ逃げ、ようやく夕飯の準備に取り掛かる。
はぁ、長すぎ!!
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
怒ってばかりでごめんね
今日は大阪音楽大学付属音楽幼稚園の『みんなあつまれようちえん!』というのに出かけた。
これは数ヶ月に1度行われてる未就園児対象の園庭開放のようなもの。
ゆうちゃんママに教えてもらって前から1度行きたいと思っていたもので、やっと今回希望の時間が予約できたのだ。
今回は『親子体操』の日。

着いて早々、いつものように「ラムネ食べたぁ~い」とグズっていたほのかと、「だっこしたいのぉ~」とははにぶら下がっていたかいと。
「お~ひさま~の下で みんなであそぼっ♪」の曲が始まった途端、両手を上にあげてゴキゲンに踊りだした。
これは毎週土曜の朝に『おかあさんといっしょ』で弘道お兄さんと一緒にやる親子体操の曲で、おチビ達のお気に入り。
今日も「かえるがピョン、へびがスルッ、トカゲがゲッ、あそぼっ♪」と一緒に激しくダンスダンス!

そして次は子供を手押し車のようにして歩くというゲームだった。
まずはほのかが腕立て伏せの格好になり、こっちは中腰でほのかの足を持って胸の辺りを支えながら前へ進んだ。
“こ、腰が痛っ”
フーフー言いながらやっとこさ体育館を横断すると、スタート地点にはかいとが待っていた。
先生がかいとを運んでくれようとしたのだけど、かいとが拒否したのだ。
戻ってかいとを運ぼうとしたけど、ちょっと歩いただけで腰にきて断念。
あとは先生にお願いした。

その後もフープをくぐるゲームとか親子体操なんかをいくつかやった。
合間ちょっと飽きてくる度に、ほのかは「○○食べたい」とつぶやき、かいとは「抱っこ」と言っては床に寝転ぶ。
ったく!

そんな中、おチビ達が一番盛り上がったのは玉入れ。
真ん中に置かれた箱に玉を入れるゲームで、お片付け好きのかいとは大興奮で拾っては入れ拾っては入れてた。
ほのかもかいとも最初は片手に1つ玉を持って入れていたのだけど、途中で気づいたらしく最後は4つぐらい集めてから箱に入れてた。
だんだん知恵がついてくるもんだわ。

親子ペアでやるものは、先生方が気を配ってくれて「一緒にやりましょう」と声をかけてくれた。
こういう場合かいとはははべったりなので、必然的にほのかをお願いすることに。
先生に抱っこされてはじめは緊張した様子のほのかだったけど、優しい先生ですぐに慣れて楽しそうに体操してた。

はは的には『はらぺこあおむし』をピアノと歌と打楽器演奏つきで読んでもらえたのがとってもよかった。
さすが、音大付属だけあるわぁ。

終わってから、園長先生とお話しする機会があった。
ほのかと体操してくれたのは園長先生だったのだ。
「今、イヤイヤ期真っ最中で、つい感情的に怒ってしまったりするんです。」と打ち明けた。
すると、「私の個人的な考え方ですけれど・・・」と園長先生は言った。
「お母さんが感情的に怒ってしまうこともいけないことではないと思うんです。『絶対に怒ってはいけない』という方もおられますけど、お母さんが子供に気を使いすぎるのもどうかしらと思うんですよ。怒られることに慣れてないまま成長するから、精神的に弱い大人になってしまうこともあるのでは。
大切なのは、たとえお母さんが感情的に怒ったとしても、その関係は揺るぎないものなんだと子供が理解することが大切だと思うんです。たとえ怒られたとしてもお母さんの愛情に変わりはないんだと。
今はそのことに気づけない人が多いから、残酷な事件が起きてしまったりするんではないでしょうか。」

そういってもらえたことで、なんだか気持ちがふっと軽くなった。

まだ仕事をしていた頃、一時期後輩の指導で悩んだことがあったっけ。
10歳近く離れてる子たちは、ミスを叱るとすぐ言い訳したり“私のこと嫌いなんだ”と思われたりして、“あ~最近の子はやりづらいわぁ”と思ったもんだ。

この後、園庭で少し遊んだ。
園庭はとっても広くて緑がきれいな芝生だった。
季節のいい時は園児達は裸足で遊ぶんだそう。
遊具は木製だった。
ウサギもいた。
教室からは子供たちの演奏する楽器の音が。
いいなぁ、この幼稚園。

しかぁし・・・。

遠いのだ。
我が家からは電車を乗り継いで、園バスに乗らなきゃ通えない。
私が車を運転できたらなぁ(免許はあるんです、ゴールドの)。

帰る時、おチビ達は見送りに出てくれた園長先生とタッチ&握手。
園長先生は別れ際「イヤイヤ期は必ず終わりが来ますから。頑張って!!」と笑顔で送ってくれた。

このごろの私は、怒っちゃいけないと思いつつ気づくと怒ってしまってて、寝顔を見ながらいつも自己嫌悪。
度を過ぎたらいけないけど、自然体で無理せず育てていく中で多少感情的に怒っちゃったとしても、子供たちはきっとわかってくれるはずだよね。
愛情さえ注いでいれば!
園長先生、ありがとうございました。
かいと 幼稚園に遊びに行ったよ ほのか 幼稚園に遊びに行ったよ かいとは恐々、ほのかは意気揚々
Posted by 海風
comment:8   trackback:0
[未分類
名は体を表す!?
今話題の脳内メーカーというのをやってみた。
私は最近知ったのだけど、脳内メーカーというのは、名前を入力すると人の横顔図が表示されて、脳の部分に人それぞれ違う文字が並んで出てくるというものだ。

まずはほのか。
外側一周が『食』で囲まれていて、その内側はすべて『嘘』
表示された瞬間、大笑いしちゃったよ。
どうりで四六時中「プリン食べたい」「おやつ食べたぁい」と言ってる訳だ。

次にかいと。
脳全体に『H』が並び、真ん中一文字だけが『休』
どうなのよ、これ。
すでにオネエチャン好きなので、将来がちょっと心配・・・。

ちちのはちょっと複雑。
外側一周が『休』、次の一周が『金』、その次が『秘』で、中に『負』が3文字。
休みたいよぉ、でもお金は欲しいよぉ、秘策を思いつくも挫折・・・ってかんじ!?

そして、はは。
脳一面に『遊』の文字が。
・・・。
そんなに能天気じゃないつもりだけどなぁ。

いやぁ、笑った笑った。
当たってるという言い方は正しくないけど、脳を覗いてみたら確かにこんな風かもって思っちゃった。
こういうのも『名は体を表す』っていうんだろうか。

 more...

Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
おっけぇ~
先週に引きづづき、今日のリトミックもほのかはゴキゲン斜め。
始まる直前に「ラムネ食べたぁい」と言い出して、そこからゴキゲンは急下降。
始めのご挨拶「ハローハワユー♪」こそとても上手に歌って踊ってたけど、それ以降は全然ダメ。
寝転がって動かなかったり「抱っこしたいのぉ」と足にしがみついてきたりで、全く言うことを聞かない。
仕方なく抱っこすると、耳元で「ラムネ食べたぁい」とつぶやいている。
かいとはまぁいつも通りだ。
手遊び唄の時も音楽に合わせてお散歩する時もほぼ抱っこ。
かいとを抱っこすると、ほのかのライバル心がメラメラするのかグズグズ言い出す。
で、ほのかを抱っこすると、すぐかいとがやってきて「抱っこぉ」と言う。
これの繰り返し(>_<)

終わってから、もえちゃんママが「なるほど、あれじゃあ大変やわ。ママ、体壊さないように気をつけてね。」と心配してくれた。
始まる前の雑談で「今までの育児で、今が一番つらい」って話してたので、先生からも「イヤイヤ期はいつか終わりますから、がんばって!」と慰められた。

帰る時、ベビーカーに乗った途端かいとがニコニコしながらおもむろに歌いだした。
「あっちからなぞなぞむしがやって~こっちから♪」
それ、さっきやった唄じゃんかぁ。
教室では全くやってなかったくせに、結構気に入ってたんじゃないの。
かいとのマイペースぶりにはホントあきれるわぁ。

 more...

Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
ストレスたまってます・・・
朝、双子ママ友に会った。
「最近、すごくない?」と彼女が言った。
即座に「うん、すごい・・・」と答えた。
なんのことかっていうと、おチビ達のグズり。
そこはまおちゃんとりおちゃんという女の子の双子ちゃんで8月生まれ。
ほのかとかいと同様、“魔の2歳”真っ最中なのだ。

ベビーカーでいい子にしているほのかとかいとを見て
「こうやって見てる分にはめちゃめちゃいい子に見えるのにね。大変さは親にしか解らないよねぇ。」と言う。
ほんと、その通り。
まおりおちゃんも一日中グズグズ泣いているらしい。

ほのかもかいとも一日中イヤイヤ言っている。
「オムツ替えよ」「いや」
「お着替えしよ」「いや」
一時が万事こんな調子。
そして、なにかちょっとでも気に入らないことがあるとすぐに「ぎゃあ~」と泣く。
で、最終攻撃は「だっこしたいのぉ」
はぁ~、疲れるなぁ・・・。

 more...

Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。