よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
夏の終わりに白浜へ
暑い暑いとフーフー言っていたけど、もう8月も終わり。
気づけば朝晩はすっかり涼しくなってて、暦って忠実なのねぇと思う。

8月の29日から2泊3日、我が家は南紀白浜にて過ぎ行く夏を惜しんできましたぁ。
一週間前にちちが突然「休みが取れそうだからどっか行くか」と言い出し、急遽決まった家族旅行。
おチビ達に海水浴をさせてあげたくて白浜に決めたはいいけど、出発前に見た期間中の天気予報は降水確率70%だった。
かなり諦めモードで出発したのだけど、結果的には3日間ともまずまずの、というよりかなりよいお天気で大満足の旅行だった。
そんな旅のご報告を。

 more...

スポンサーサイト
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
がんばれ!男子
今日はチビ友のあっちゃん、りりちゃん、けんとくんと阪神百貨店でやっている鉄道模型フェスティバルに出かけた。
“もしかすると混んでるかもなぁ”とオープンの10時に催事場で待ち合わせしたけど、10分ほど遅刻してしまった。
急いで催事場に着くと“もしか”どころか“ものすごい”人で、入場券を買うのでもすでに長蛇の列。
入場券、持っててよかったぁ。
あわてておチビ達の手を引いて、今日の主目的、おチビ達が乗れるミニ電車のところへ行くとそこもすでに結構な列だった。
3、4人前にあっちゃん達を発見したとたん、ほのかはうれしそうに「あ~、あ~」と叫んで1人でトコトコみんなのところに行ってご挨拶。
かいとはというと、すでに「だっこぉ」。
抱っこされながらも、走るミニ電車に「でんしゃ」「でんしゃ」と喜んでる様子。
最近はちょっぴり電車や車に興味が出てきたかいとなのだった。

しばらく並んで、やっと順番が回ってきた。
まずけんとくん、りりちゃんが乗った。
ほのかは乗りたくて乗りたくてしょうがないといった感じで、そそくさとりりちゃんの後ろに乗車。
続いてかいとを乗せようとしたとたん、恐れていたことが!
かいとがぎゅっとしがみついて「いやだぁ」と叫んだのだ。
なんのためにここまで並んだんだよぉ
「電車に乗れるんだよ」と無理矢理乗せようとしたけど、かたくなに拒否。
係りのおじさんもかいとの様子を見て「無理ですね」とあっさり。
見ると、あっちゃんもママにしがみついて乗車拒否。
あっちゃん、うちより断然電車好きなのにねぇ。
結局、あっちゃんとかいとを残し電車は出発。
あっちゃんママと「男の子はほんとダメだねぇ」と苦笑いしながら見送った。
けんとくんはかいと達より半年ほどお兄ちゃんだから、あと半年経てばかいとの甘えんぼさんも少しはましになるのかな。

電車が1周して目の前を通り過ぎた。
ほのかは超ゴキゲンさんで知らない人にまで手を振っていた。
かいとは抱っこされたまま、電車に向かって「ほのかぁ」なんて言って手を振りながらニコニコ。
「ほのかぁ」じゃないよ、まったく。
あまりに違うほのかとかいとの様子を見て、あっちゃんママに大笑いされちゃった。

その後、ミニ機関車トーマスにも乗れるというのでさっそく移動。
トーマスは1回100円だった。
かいとに「乗る?」って聞いたらまたもや「イヤイヤ」。
またまたほのかだけが乗車した。
ほのかはこれまた超超ゴキゲンで2周して帰ってきて、降りてからも「もう一回もう一回」と言い続けていた。
見ていたら、ママが抱っこして乗っている子供を発見。
聞くと、抱っこ乗車OKとのこと。
ようやく、あっちゃんもかいともトーマスに乗ることができたのだった。
ほのか トーマスに乗って超ゴキゲン かいと 1人じゃ乗れないっ

りりちゃん、ほのかの度胸のよさに比べ、あっちゃん、かいとの不甲斐なさといったら・・・。
男の子ってほんと世話が焼けるわ~。
Posted by 海風
comment:4   trackback:0
[未分類
アイアイ♪
ここ数日、かいとのヘビーローテーション曲は『アイアイ』。
「ア~イアイア~イアイおさるさんだよぉ~♪」という、あの唄だ。
気づくと「ア~イアイ、ア~イアイ」と口ずさんでいる。
なんでだろうなぁ。
最近『おかあさんといっしょ』かなんかでやってたっけ?

私は大人になるまでこの唄があんまり好きじゃなかった。
なぜかというと、子供の頃母に私の名前の由来を聞いた時こう言われたからだ。
「あなたがもうすぐ生まれるっていう時にTVでこの唄が流れてたのよ。」
別にこれが本当の由来だった訳じゃなく、まぁ母の軽い冗談だったのだと大人になって理解したけど、子供心に“あたしゃ、さるかよぉ”と思ったものだ。

晩御飯の片づけをしていたら、またまたかいとの「ア~イアイ、ア~イアイ♪」が聞こえてきた。
しばらくたって、かいとに「かいとは何のおうたが一番好きなの?」と聞いてみると、にっこりしながらきっぱり「アイアイ」との返事。
先週までは確か「ぞうさん」だったのに。
そしてまた、かいとが「ア~イアイ、ア~イアイ、おさるさんだよぉ♪」と首をフリフリ歌いはじめた。
かいとの歌う声、かわいいんだよなぁ(親バカ)
ははも一緒におサルさんポーズで歌ってあげたら、かいともノリノリ。
おチビ達のおかげで最近じゃ“『アイアイ』悪くないねぇ”とさえ思っている。

寝る前に「今日楽しかった?」とおチビ達に聞いたら、今日あった出来事を思いつくままカタコトで話してくれた。
「ペロちゃんあった」
「ミッミーちゃん(ミッフィーのこと)みた」
「ゆうちゃんママ、あんぱんまん」
「まなちゃん、あくしゅ」・・・。

今日は読売新聞主催のキッズイベントに行った。
ペネロペとミッフィーちゃんの絵本や雑貨を見たこと、ゆうちゃんママがあんぱんまんを書いてくれたこと、帰りに市場でまなちゃんに会って握手したこと、などが今日の思い出。
そのイベントにいった一番の目的は、あの『ダンゴ三兄弟』を歌っていたケンタロウお兄さんのコンサートだったのだけど、どうやらそれはあんまり印象に残ってなかったみたい
ほのかは途中までノリノリで歌ったり踊ったりしてたけど、かいとはほとんどの時間寝てたもんな。

最近、こうやって晩御飯とか寝る前とかにおチビ達と一日の出来事を話すのだけど、なにぶんカタコトなので“何のこと?”と思ったり、思わずププッと吹き出しちゃうこともしばしば。
でも、何を言ってるのか推測しながら会話をするのはとっても楽しくて、一日の疲れがちょっとだけ吹き飛ぶははの大切な時間になっている。
木のおもちゃで遊ぶ
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
今年最後かも、プール
心配していた天気も問題なさそうだったので、家族で近所の外プールへでかけた。
今日もめちゃ暑かったけど、昨日よりは風があるだけまし。
暑いとき考えることはいずこも同じなのか、ゆうちゃんとパパ、りりちゃんファミリーもプールに来てた。

ほのかもかいともまだ完全に潜るのはできないけど、大分顔を水につけられるようになってきた。
ほのかは体を支えてあげると手足を上手に動かしてまるで泳いでるみたい。
ほのかは泳げるようになるのにそんなに時間はかからなそうだ。
かいとは仰向けで頭を水につけるのが、今日のお気に入り。

ちちにプールへ連れて行ってもらうのは今シーズンはこれで最後かも。
気づくと、今日もちちがほのか担当、ははがかいと担当ってことになっていた。
できたら、ちちにはかいとを鍛えてもらいたいんだけどな。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
ミッキーさんに会いに行く
ディズニー・オン・アイスを家族で見に行った。
この暑さの中、大阪城ホールまでの道のりは遠かった。
がんばったのは主にちちだけどね。

まず大阪城公園駅。
ホームから改札まではエレベーターがあるけど、改札を出てから地上に降りるのは階段。
ほのかとかいとはすでにベビーカーから降りちゃってたので、ちちが1人でベビーカーをガッタンガッタン降ろした。
そこから歩いて5分もない距離なのに、かいとが「抱っこぉ」と座り込みをはじめた。
かいとの座り込みにはもう慣れっこなので、「じゃあバイバイ」と先に歩き出したらギャアギャア言いながら走ってきてまた座り込み。
しかたなくかいとを抱っこして歩く。
ほのかはちちとがんばって歩いてるみたいだった。
大阪城ホールに近づくと、今度はホールの入り口までが登り階段。
一難去ってまた一難とはこのことだ。
またまた、ちちが1人でエッチラオッチラ運び上げた。
これ、1人だったらお手上げだったわ。

こんなに苦労して行ったけど、最後まで楽しんだのははは一人。
はじめミッキーが出てきたときは、ほのかもかいとも「みっみーさぁ~ん」と叫んだり手を振ったりしてた。
でもミッキーマウスははるか遠くだし、ストーリー性のあるものはおチビ達にはまだちょっと難しかったみたい。
ほのかもかいともだんだん飽きてきちゃって「ママちゃん抱っこぉ」とグズって2人ともひざの上で暴れ始めた。
そしてついにご就寝。
眠ったほのかを抱っこしてちちもついでにグッスリ。
ははは静かになったかいとを抱っこしながら、1人ディズニーの世界を満喫した。

終了後、おチビ達が寝てしまってたので、とりあえずちちが預けてたベビーカーを取りにいった。
寝ているかいとをベビーカーに座らせ、ほのかも寝かせようと思ったら
お目目パッチリしちゃった。
ベビーカーに座らせようとすると断固拒否して「抱っこぉ」を強要するので抱っこで歩く。
ただでさえ暑いのに・・・。
かいとの乗ったベビーカーを近くにいたスタッフの人に手伝ってもらってちちと一緒にホールから地上へ階段で降ろした。
この後ランチに行ったお店でかいとが起きてベビーカーから降りたのを最後に、その後一日ベビーカーは使わずじまいだった。
ちちも一緒の外出だったら、もうベビーカーはいらないかもね。

でもぉ。

ベビーカーを持たないと、それはそれでなんだか落ち着かない。
どんどん長いこと歩けるようになっていくおチビ達をうれしく思う反面、まだまだおチビ達2人をベビーカーに並ばせて連れて歩きたいというははの複雑な気持ちがそこにある。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
ばいおりん
おチビ達が2歳になったときから、自分の年齢を答えられるように練習している。
今日、電車で小学生に「いくつですか?」と聞かれた。
“よぉし”と思ってほのかとかいとに「おねえちゃんがいくつ?って聞いてるよ」と言ってみたけど、なぜか恥ずかしいらしく顔を帽子で隠したりして全然ダメ。
家ではちゃんと「にしゃい」と答えられるのにな。
ただ「にさい」という言葉の意味をちゃんと理解してるかは不明。
だって、夜ほのかを叱った時、話題を変えようとしてるのか急に「にしゃい」と言ったりしたんだもん。
なぜ、そこで「にしゃい」なの??

おチビ達をはじめてクラシックのコンサートへ連れて行った。
見に行ったのはラ・ストラーダという弦楽アンサンブルのキッズコンサート。
普段演奏会にいけない未就学の子供も聴きにいけるコンサートを定期的にやっているらしい。
キッズコンサートとはいえクラシックのコンサート、はは1人では騒いだときに困るなぁと思ってくにちゃんに同行をお願いした。
それとゆうちゃん&ママも一緒。
ゆうちゃんママは音大でヴァイオリンを専攻していたのだ。

今回のコンサートは『世界のおどり』と題したもので、チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』とかビゼーの歌劇『カルメン』とか、踊りをテーマに選曲されたものだった。

ほのかもかいとも初めのうちは遊びながらでもそこそこ静かに聴いていたけど、そのうち飽きてきちゃって「あんぱんまん書くぅ」だの「抱っこぉ」だの言い出した。
ちょっと眠くなる時間だし、おなかもすいてくるしね。
それでも、キッズコンサートだけあっておチビ達と同じ歳くらいの子供も大勢いたのでははとしては大分気が楽だった。
くにちゃんの協力もあって、なんとか泣き叫ぶことなく1時間のコンサートは終了。
ああよかった。

コンサートの終了後、楽器に触らせてもらうことができた。
ほのかもかいとも鍵盤好きだけど、弦楽器は始めて。
何でもやりたがり~のほのかとかいとは、お姉さんお兄さんの手を借りてだけど、ヴァイオリンやチェロをギコギコ弾いた。
一応、音は出るもんだ。
いい経験になったね。
ほのか チェロを弾く かいと バイオリンを弾く

ちなみに、ゆうちゃんはヴァイオリンは平気だけどチェロとコントラバスが怖いんだって。
大きくて、ちょっと人っぽいフォルムだからかなぁ。
面白いねぇ。

夜、お風呂に入りながら「今日楽しかった?」と聞いたら、ほのかが「ばいおりんっ」「くにちゃん」「ゆうちゃんまま」と思いつくまま答えた。
言葉のパズルみたい。

ははは別段クラシック好きという訳じゃない、というより正直なところ普段はほとんど聴かない。
胎教にいいというモーツアルトもまったく聴かなかったぐらい。
それでも久しぶりに聴いた生の弦楽器の音に心がすうっとした。
子連れで行けるコンサートってありがたいなぁ。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
プールもお盆休み!?
今日はちちに扇町プールに連れて行ってもらうことにしていた。
家で水着を着込んで準備万端。
飲み物やら食料やら、着替え、タオル、浮き輪2個と大量の荷物を抱えて、おチビ達の手を引き、エッチラオッチラ行ってみると、なんと休館日。
お盆の真っ最中に休むプールってあり!?と怒ってみたけど仕方ない。
いろいろ悩んだ末、弁天町にあるプールズへ場所移動。
プールズは屋内プールで、長いプールやウオータースライダーなんかもある大型施設。
おチビ用の浅いプールも短い滑り台もある。

ほのかもかいともたいして水を怖がらないので、入れてあげるとすぐに慣れてピチャピチャジャバジャバ楽しそうに遊び始めた。
ちちが水に顔をつけることを教えると、2人とも口ぐらいまで水につかってブクブク。
最近、ほのかがお風呂で目に水が入るのを嫌がっていたので心配だったんだけど、プールは大丈夫みたい。
浮き輪にのってプカプカ流されたり、おんぶで泳いだり、ほのかもかいともたいそうゴキゲンだった。
ほのか グラビアアイドル風 かいと プール楽しいよ

2時間ぐらい遊んで、こっちはへとへと。
ほのかは「もういっかい」ってもっと遊びたがったけど、かいとがだいぶ眠そうだったので終わりにした。
よっぽど疲れたのか、帰りの車に乗ったとたんグッスリ。
家についてお布団に寝かせたら、そのまま晩御飯の時間まで爆睡だった。
君達がうらやましいよぉ。

気づけばもう8月も半ば。
この夏、あと何回くらいプールに連れて行ってあげられるかな。
せめてあと1回は行きたいよねぇ。
はは、がんばります!
ママ友の皆様もご協力のほどを。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
ベビーカーはいらない!?
家に居ても暑いし、公園も暑くて行けないし、こんなときはデパードだ!と、梅田までブラブラお買い物に出かけた。

いくつか見てみたい商品があるのを思い出し、まずはナビオの無印良品へ。
最近、おチビ達は買い物をしてるとベビーカーから降りたがってギャアギャアうるさい。
イライラの素なので、今日は思い切ってベビーカーから降ろしてみようと、ベビーカーを隅に置いて2人の手を引いて店内をブラブラ。
これ、大正解でした!
2人とも自由に歩けるのがうれしいのか超ゴキゲンだし、思ってたより断然いい子だったのだ。
ほのかは「ままちゃん、てて」と自ら手をつないでくれるし、自由人かいとも見える範囲で行ったり来たり。
もっと大変かなと思ってたのだけど、何事も案ずるより生むが易しだねぇ。
おかげでのんびり服選びができて、セールになっていたパンツを購入。
ただ、お菓子コーナーではほのかもかいともちょっとばかしテンション上がり気味。
クッキーやらおせんべいやらを次々と手にとってはかごに入れようとした。
それでも、ははが「そのクッキーは買わないよ」と何度か言うと「クッキーないない」とちゃんと元の場所へ戻しに行った。
2人とも聞き分けいいねぇ。
唯一、かいとがかぼちゃのクッキーにすごい執着して手放そうとしなかったので、いい子にしていたごほうびに買ってあげた。
ちょっと美味しそうだったしね。

「パンをあげるよ」とえさで釣ってベビーカーに乗せ阪急デパートへ。
阪急のベビールームでパンとサラダのランチ。
ここには常時スタッフがいてなにかと助かるので、お昼はここで済ませることが多い。
オムツを替える時ももう1人が脱走しないように見守っていてくれるし、ジュースをベビーカーにこぼしたときもすぐにタオルで拭いてくれた。
今日も「スプーンないわぁ」と独り言を言ったのを聞きつけてささっと持ってきてくれたし、かいとがジュースのパックにストローを入れちゃって飲めなくしたのを怒っていたら「どうぞ」とストローを持ってきてくれた。
ここのスタッフさんはとっても気が利くのだ。

お昼ご飯の後、ほのかもかいとも「歩く」「歩く」と言ってベビーカーを拒否。
しかたなく、ベビーカーを押しながらトコトコ歩く2人を連れて1階まで降りた。
最近、おチビ達はすぐベビーカーから降りて歩きたがるので、ベビーカー邪魔だなぁって思うことが間々ある。
思い切ってベビーカーを持たずに出かけてみたいけど、寝ちゃったときのことを考えるとなかなか思い切れないんだよね。
やっぱり自転車かなぁ・・・。

さて、1階へ降りるとそこにいたのはペネロペ。
ペネロペとの写真撮影会をやっていたのだ。
2人は興奮して「あ~」とか「ぺぺ」とか言いながらペネロペのいるほうへ。
触りたくて仕方がないみたい。
「ペネロペと写真撮る?」と聞くと2人とも「うんうん」と言うので、撮影会の列に並んでペネロペと一緒にハイポーズ!
ペネロペと握手をしてバイバイした。
らいよんチャン、ウキキに新たなライバルが出現したぞ!
ペネロペと一緒にハイポーズ
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
ウキキに浮気!?
朝からウキキに会いに『わくわく宝島』へでかけた。
ウキキというのは読売テレビのマスコットキャラクターで、『わくわく宝島』はこの読売テレビが毎年夏にやっているイベント。
おチビ達はMBSのらいよんチャンだけじゃなく、ウキキも大好き。
イベント期間中、毎日『ウキキと踊ろう!』という企画があったので連れて行ってあげたのだ。

ただ、行くのには少々問題があった。
会場はOBPで、最寄り駅はJR京橋駅。
京橋駅ってかなり大きな駅のくせに、つい最近まで改札階へのエレベーターがなかった。
ようやくエレベーターができたのにOBP方面の出口へは行けない。
遠回りしてJRと地下鉄を乗り継いで行こうかとも思ったけど、この暑いのになんだか面倒になって、確信犯的に京橋駅を使ってみることに。

京橋駅に着いて、まずはホームにいた駅員さんに尋ねた。
はは「OBPに行きたいんですけど、どうやって行ったらいいですか?」
駅員さんA「OBP方面の出口へはエレベーターがないので、反対側から出て連絡通路を進んでください。」
“なぁんだ、反対側から出てもOBPに行けるのかぁ”
そう思ってエレベーターに乗って、改札へ。

改札で念のために再度駅員さんに質問。
はは「OBPに行きたいんですけど、どうやって行ったらいいですか?」
駅員さんB「反対側の改札なのでそこの階段を下りて・・・」
“階段で困ってるから聞いてるんだけどなぁ”と思いつつ、
はは「先ほど駅員さんに聞いたら、この改札からでも連絡通路があるって言ってたんですけど・・・」
駅員さんB「あーこの先の歩道橋を渡って行けますよ」
はは「歩道橋ってことは階段ですよね」
駅員さんB「あーそうですねぇ」
“見たらわかるやろ”と心の中で舌打ちしつつ、顔はちょっと申し訳なさそうにつくろって、
はは「階段を使わずに行くことはできますか?」
駅員さんB「ちょっとお待ちください」
駅員さんBは駅員さんCに相談。
駅員さんCは駅員さんBにベビーカーを運ぶのを手伝って階段でOBP側の改札まで行くように指示。
駅員さんB「僕がOBP側の改札まで手伝います」
“やっとかよぉ”と思いつつ
はは「お願いします」
で、すぐに移動と思ったら、「切符がでてこないからちょっと来て」とおばちゃんが駅員さんBに言い、駅員さんBはそっちもこっちも誰かに託すことなくウロウロ。
結局、しばらく待たされてる間にほのかがベビーカーを降りちゃったので、駅員さんBと警備員さんにかいとが乗ってるベビーカーをエッチラオッチラ運んでもらった。
かいとはほのかが降りてるのを見て自分も降りたいとベビーカーの上で泣き叫んでいて、すれ違った女の子2人が「そこだけ見たら、誘拐されてるみたいだよね」と笑ってた。
OBP側の改札で駅員さんBと警備員さんによ~くお礼を言って出た。

しかし、長かったぁ・・・。

まず、階段を使わなきゃ行けないルートを教えてくれた駅員さんA、自分ひとりで即座に対応を考えられない駅員さんB。
JRだってサービス業でしょ。
なんでこうJRって不親切なんだろ。
たま~にとっても親切な駅員さんもいるけど、JRを使って出かけるとたいがい一度は駅員さんの対応にイラッとさせられる。
小さい子供がいるうちは電車に乗るなってことか!

いつまでもイライラしていても仕方ないので、気を取り直して『わくわく宝島』へ。

 more...

Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
連想ゲーム!?
今日おチビ達は久々にマンションの庭園で遊んだ。
午前と夕方と2回も。
かいととほのかの発熱で家にこもっていたせいで、このところおチビ達は完全なTVっ子。
暇さえあれば、やれ「しまじろう」だ、やれ「あんぱんまん」だとDVDを見たがってばかりいる。
夕方もあんぱんまんのDVDを2回見たところで「もうだめ!」とTVを消した。
最初はギャアギャアわめいてたけど、だんだんと諦めて「公園行く」と言い出したので、それじゃあ行くかと庭園に連れて行ってあげた。
連結してスルスル~ ほのか なにやら考え中

ここ1週間で2人ともおしゃべりが上手になった気がする。
なにが、どう、上手になったとは言えないんだけど、なんとなく会話ができるようになってきたというか、こっちが理解できるように言葉を発するようになったというか。

夕方の出来事。
床に放置していた帽子を指して、かいとが「ぼうし」と言うので帽子を手渡してあげた。
すると、それを見ていたほのかも「ぼうし」
ほのかにも手渡すと、何を思ったのかほのかが「あんぱんまんぼうし」と言った。
お友達のゆうちゃんが持っていたアンパンマンの刺繍の入った帽子のことを思い出したみたい。
すると、ゆうちゃんつながりでまた思い出したらしく、「ゆうちゃんおねつ」と言った。
数日前に「ゆうちゃんが熱を出しちゃったんだって」とちらっと話してあげたのをちゃんと覚えていたのだ。
連想ゲームみたい。
おチビ達の脳細胞は、ただいま猛烈に細胞分裂中なのだ。

 more...

Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
夜泣き?
木曜の夜からだしたかいとの熱は土曜日の朝には下がって、すっかり元気になった。
ところが土曜日に入れ替わりでほのかが39度の発熱。
土曜と日曜のお昼寝までは高熱のわりに食欲もあるし機嫌もよかったのであんまり心配してなかったのだけど、昼寝の後に熱を測ったら40度近い!
それでも「スイカ」「スイカ」と食べる気マンマンだったので、みんなでおやつにスイカを食べた。
おやつの面倒をちちに任せておいたら、ほのかの欲するがままにスイカを食べさせちゃったらしく、見に行った時にはすでに遅し、ほのかの前にはスイカの皮がた~くさん。
スイカ、食べ過ぎだよぉ。
心配していたら、案の定しばらくしていきなり吐いた。
その後はすっかりしんどそうになって、起きてる間中「ママちゃん抱っこぉ」とグズりまくり。
グズっては抱っこして、寝かしつけて、を繰り返して一日が終わった。

そうそう、ほのかはなぜか熱を出してからというもの「ママちゃん抱っこ」というようになった。
今まで「ママちゃん」なんて呼んだこともないのに。
かいとまでもが「ママちゃん抱っこぉ」。
なんでママちゃんになったのかなぁ??

月曜の朝も熱は下がらず38度6分。
朝ごはんを恐る恐る一口あげたら吐いちゃったので、食べさせるのをやめた。
それでも、おなかはすいているらしく、かいとが食べるのを見ながら「ごはん」「ごはん」と訴える。
気を紛らわそうと思って抱っこしたのだけど、小さな声で「バナナ」「パン」とつぶやいている。
1人には食べさせなきゃいけなくて、もう1人には食べさせない方がいいって時は本当に困る。
かいとをほおっておくわけにもいかないので、ちちを起こして助けを求めた。
“置いてかないでぇ”と泣くかいとをちちに託し、ぐったりしているほのかを抱っこして病院へ。
診断の結果『ヘルパンギーナ』とのこと。
のどの奥に水泡ができてるらしい。
水分補給と今後の様態変化に気をつけるよう言われた。
吐き気があるときは『髄膜炎』の兆候に注意しないといけないんだって。
食べ物はまずはゼリーとかアイスとかのどごしのいいものを少しづつあげて、吐かなくなって食べたがったら脂っこいもの以外はOKとのこと。
帰ってからもぐったりしてる割にはいろいろ食べたがったので、アイスとゼリーとお粥を少し食べさせてあげた。
その後、ものすごくでっかいウンチをした(お食事中に読んでいたらごめんなさい)。
前の日に出てなかったからだいぶ溜まってたらしい。
もしや、吐き気の原因はこれか!?
スッキリしたのか夕食の御飯とポトフはしっかり食べた。
それでも熱は下がらず、相変わらず「ママちゃん抱っこぉ」。

火曜の朝、熱は37度5分に下がっていた。
前日までとは明らかに違って機嫌もいい。
朝から「パン」「パン」とうるさいので思い切ってあげてみたら2個ペロリと平らげた。
一応病院に連れて行って見てもらったところ、特に心配はないとの事でほっと一安心。
日中も「ママちゃん抱っこぉ」は相変わらずだけど、滑り台をしたりおままごとをしたりして遊ぶようになって、ようやく峠は越した感じだった。

ところが・・・。

 more...

Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
芸術は難しい
今日のおチビ達
9時半・・・1時間ほどマンションの庭園で遊ぶ。
11時・・・ははの眼科に付き合わされる。珍しいことに待合室で看護師さんと遊んでいてくれてめちゃめちゃいい子×2。
13時・・・お昼ごはんの直後は眠そうだったくせに、お昼寝するとなった途端遊び始めちゃった2人。ははに怒られながら眠りにつく。
16時・・・『いないいないばぁ』がお休みだったので『しまじろうのDVD』をねだって2回見る。
16時半・・・市場へ散歩がてらお買い物。
18時半・・・晩御飯→お風呂
20時半・・・かいと就寝。ほのかはなかなか寝る気になれないらしく、ははと『かもめの水兵さん』を4回合唱。その後満足したのかようやく就寝。

夕方、市場へ行った時のこと。
果物屋さんのおばちゃんにアンパンマンのお絵かきボードで遊んでもらっていたほのかちゃん。
しばらくするとほのかが何か絵の描いてあるボードを持ってははのところにやってきた。
見るとおばちゃんが描いてくれたしょくぱんまんの絵の脇に直径1cmくらいの小さな楕円が描かれてた。
どうやらほのかが描いたらしい。
おばちゃんが「これ何?ってほのかちゃんに聞いてあげて」というので、その小さな楕円を指差して聞いてみた。
するとほのかははっきりと一言。
「ま・め」
う~ん、確かに。

一方、夕方「外へお散歩に行く?」と言っても、あまり乗り気じゃなかったかいとくん。
お風呂上りになんとなくだるそうだったので熱を測ったら37度6分。
市場へ行ってもほとんど「抱っこぉ」だったのは熱っぽかったせいだったのね。
寝かしつける間もなく寝てしまったのだけど、さっき急に泣き出したので慌てて見に行ってみると体が“熱いっ”。
熱を測ると38度6分。
グズグズ寝られないみたいだったので、お水を飲ませて解熱剤を投入。
手を握ったり体をさすったりしてるうちにようやく寝入ってくれた。
昨日のプールでまた風邪がぶり返しちゃったかな。
外に出ると、ちょっと寒かったんだよね。
明日の朝には熱が下がってるといいな。
Posted by 海風
comment:4   trackback:0
[未分類
この夏初プールへ
私は元々かなりのめんどくさがりだ。
お風呂とかも、できたらガソリンスタンドにある車の洗車マシンみたいな機械で洗いたいぐらい。
育児なんてめんどくさいことがてんこ盛りなので、自分でも時々“よーやるわ、私”などと感心してみたりするのだった。

めんどくさくて腰が重かったプールにおチビ達を連れて行った。
お友達のゆうちゃんとりりちゃんも一緒。

いやーめんどくさかった。
行くまでの準備が。
とにかくプールについてからの作業をできるだけ少なくするために、できる限りのことを家で済ましていこうと思った。
まずは自分の支度をと思い、日焼け止めをしっかり塗って水着に着替えた。
次に逃げるかいとを捕まえて日焼け止めをしっかり塗り塗りして水着にお着替え。
今度はほのかを捕まえて、日焼け止めを塗り水着に。
プールサイドに持って行くかばんにタオルやTシャツを詰め込む。
ロッカーに入れるかばんにバスタオルや着替えを入れる。
それから、おチビ達のお茶を水筒に入れたり手拭を用意したり、浮き輪をベビーカーに積んだり、なんやかや。

これだけみると“別に大変じゃないじゃん”って思われるかも。
だけど、この間にもおチビ達は「抱っこぉ」「アンパンマン書いてぇ」「らいよんチャン(のDVDが見たい)」と口々に叫び、足元にまとわりつき、泣き喚く。
かと思えば、おもちゃを取りあって泣いたり、玄関からははのサンダルを履いてパタパタと部屋に入ってきたり、着てた服を脱いでみたり・・・。
出かける前にすっかりヘトヘトになっちゃって、“もう行くの止める!”って2、3回本気で思った。

「歩くぅ」と駄々をこねるおチビ達をむりやりベビーカーに乗せて出発!
予定より30分近くも遅れてプールに着いた。
すでに泳いでいたりりちゃん、ゆうちゃんと合流。

いざプールへ。

かいとは始め、少し怖がっていたけど、抱っこして少しづつ体を慣らしたらすっかりご機嫌!
ほのかはプール好きのようで、全然怖がらずちゃぷ~ん。
プールでぷかぷか楽しそうに浮かんでいたり、バシャバシャ水遊びをするおチビ達を見ていたら、“あ~連れてきてあげてよかった”と思った。
この笑顔のためにも、準備は大変だけど、がんばってまた連れてってあげなくちゃ。

さて、記念すべきこの夏初のプールだったのに、肝心のカメラはロッカーの中で撮影できず。
ざ~んねん。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。