よく聞かれること 「双子って寝るのも同時なの?」 「いいえ、うちは一人が寝ると一人が起きます^_^;」顔も性格も似てないミックスツインズの日々を のんびり綴ってます・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 海風
 
[スポンサー広告
アクタス万歳!ははは反省
伊丹空港に『アクタスキッズ』ができたというのを発見したので、ゆうちゃん&ママを誘ってお出かけした。

いつも旅行で伊丹空港へ行く時、電車で行くのはなんだか面倒と思って梅田からのバスで行っていたけど、電車は意外とラクチンだった。
何事もやってみないとわからないもんだね。

店内の中央に結構広いプレイスペースがあったので、おチビ達を放牧。
四角く囲まれたそのスペースの一角には木製のレンジ台や食器棚みたいのが並んでいて、おもちゃのお皿やおなべはもちろん、パンや野菜、果物もた~くさん。
おチビ達は大盛り上がりで、さっそくおままごとに熱中。

「バナナ!」「いちご!」と見つけては叫ぶ。
パンをお皿に乗っけて「どうぞ」してくれたり、とうもろこしにかじりついたり^_^;
この野菜や果物のおもちゃ(といってもかなりリアル)は店内で売っていたけど、おもちゃとはいえないようなお値段がついていた。
“買ってはあげれないから思う存分遊んでね~”と心の中でつぶやくははだった。
おままごとに夢中


このプレイスペースはお店屋さんをイメージして作られてるようで、周囲がテーブルになってて、外側に大人用、子供用それぞれのいすが用意されていた。
これ、すごくよかった!
中と外でお店屋さんごっこができるのはもちろんなんだけど、子供達を中で遊ばせておいて親は外側のいすに座ってのんびりと見守ることができるのだ。
さすがアクタス!!

さんざん遊んだ後は、飛行機を眺めながらデッキでランチタイム。
暑さのせいか、食事もそこそこに遊び始めてしまったおチビ達だった。
昼間だからか、空港なのに飛び立つ飛行機になかなかお目にかかれなかった。
時々、めちゃ小さいプロペラ機が飛び立つ程度。
ほのかもかいとも、公園で遊んでる時に見かける上空の飛行機にはけっこう盛り上がるくせに、空港で間近で見る大きな飛行機にはイマイチな反応だった。
そういえば、沖縄に行った時もそうだったっけ。
特に男の子は空港に来るとたいがい盛り上がるらしいけど、かいとはまだまだ飛行機よりもおままごとの方が好きみたい。
う~ん・・・。

しばらく遊んだけどあんまり暑くなったので、また店内に避難。
すごい汗をかいていたので冷房で冷えて風邪でもひいたら大変と、2人のTシャツを着替えさせた。
いつものように「はい、脱いで」「はい、ここに手を入れて」「はいおしまい」と流れ作業のように2人を着替えさせ終わった時、近くにいたおばあちゃまが声をかけてきた。
「さすが、双子ちゃんを育ててるだけあってやることが素早いわね~」と。
内心“あっしまった”と思った。
「急かせてはいけないと思いながらついつい~」と弁解のように言ったら、「いやいや素早くて感心感心」と言ってくれた。
だけど。
常日頃“2人の自主性に任せてやる気になるまで待ってあげよう”と思いはするものの、ついついこっちの都合で急かしてしまう私。
またまた反省のひとコマなのであった。
スポンサーサイト
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
お風呂上り、おチビ達は壁に映った自分の影に気づいた。
ほのかが不思議そうにその影を指さした。
はは「影っていうの。もうひとりのほのかで、そっちはもうひとりのかいと。」
2人は自分が動くことでその影も動くことに気づいたみたい。
かわるがわる壁のところに立っては壁に近づいたり離れたり横に動いてみたりして、影が動くたびにキャアキャア大騒ぎ。

かいとが自分の影に近づいていってチューをした。
ぷぷぷかわいいっ。
誰かいるって思ったのかな。

こういう瞬間“子供がいてよかったな”って思う。
何気ないことだけど、なんだか心がほんわかした。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
あっという間の幸せ
子供ができてからというものコーラスからすっかり遠ざかってしまっていたのだけど、最近“あ~思いっきりちゃんと歌いたい”って気持ちがムクムクと盛り上がっていた。
「おかあさんといっしょを見ながらあんだけ大きな声で歌ってたら充分でしょ!」と隣のうちの人に突っ込まれそうだけど・・・。
悶々とした日々をおくっていたら、リトミックに通っている教室で『聖歌隊講座』なるものを発見した。
で、今日はちちにおチビ達を見ててもらい、ははひとり『聖歌隊講座』の体験レッスンにでかけたのだ。

楽しかったぁぁぁぁ!!!
『妹背をちぎる』とか『いつくしみ深き』から始まって、『アヴェ・マリア』『G線上のアリア』とか次々と歌った。
発声練習も楽譜を見ながらきちんと歌うってこともほ~んとに久しぶりで、めちゃめちゃ幸せなひとときだった。
続けて通いたいなぁ。
月に2回だから、なんとかならないでしょうか?ねぇ、ちち。

終わった頃にちちからメールが来ていた。
「おいしいパスタでも食べてきたら?」
昨日のBLOG、読んだんだね
やさしいじゃん、ありがとぉ。
でもパスタを食べるにはおなかも時間も中途半端だったので、結局ケーキとお茶だけして、晩御飯の買いものをして家に帰った。

そして穏やかで幸せな気持ちのまま一日は終わるはずだった。

家に入ったら、部屋がエライことになっていた
泥棒が入ったのかと思うほどそこらじゅうにおもちゃが散乱、テーブルは汚れたまま、キッチンのシンクにはお昼ご飯のお皿が積み上げられたまま、そばにはおやつに食べた果物のごみやらがそのまま放置されていた。
当のちちとおチビ達はソファで窮屈にお昼寝中。

あ~あ
これはひとりで楽しんできた罰!?
シンデレラの魔法が解けるように、一瞬にして現実の世界に引き戻された。
“なんでここまで汚したままにしておけるんだよぉ”とちちに半ば怒りながら、大急ぎでキッチンを片付け、部屋を片付け掃除機をかけた。
もう少し、幸せな気持ちでいたかったのに・・・

途中、起きてきたほのかが顔を見るなり半べそで「抱っこ」「抱っこ」としがみついてきた。
愛おしくなってしばらく抱っこしてたけど、“このままの状態でちちに出かけられたら後が大変”とちちをたたき起こしてほのかの子守をバトンタッチしてもらって、晩御飯作りを開始。
いつまでも寝てるかいとを起こしたら、寝起きなのと置いていかれたせいでかなりご機嫌悪く何を言ってもイヤイヤ。
ごめんごめん、置いていったのは悪かったけど、ははもたまには息抜きしたかったの。
ご機嫌直しに市場へ連れて行ったけど、かいとのグズグズは収まらず、ずっと抱っこ状態だった。
あ~こんなことなら、一日家に居たほうがラクだったかも。
幸せな気持ちって長くは続かないものなのね。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
魔の2歳が近づいてる
今日は雨の中、おたふくかぜの予防接種を受けにいった。
ほのかもかいとも診察室に入るなり、いつも通りM先生のいた隣の部屋に走っていった。
が、M先生はいない。
おチビ達は“あれ?”って不思議そうな、なんだかつまらなそうな顔で戻ってきた。
やっぱり寂しいのかな。

今日はほのかから。
さすがにもう『注射は痛い』ってことがわかるらしく、先生が腕を抑えた途端かなり逃げ腰だったけど、それでも大して泣かずに終了。
かいとは相変わらず針が刺さるまではゴキゲンで、刺さった途端「ギャア~」と一瞬泣いておしまい。
これで予防接種は一段落だ。
1歳半までは風邪ばかりひいていたから、予防接種の日程調整が大変だった。
だから、当分の間予防接種のことを考えなくていいと思うと、少し肩の荷が下りた感じ。

お昼ごはんは『桜海老とアスパラガスのスパゲッティ』
缶詰のカットトマトが残っていたので、昨日ドラマ『バンビ~ノ!』で見た『桜海老とトマトのスパゲッティ』をちょっと手抜きアレンジで作ってみた。
『バンビ~ノ!』の翌日、つまり毎週金曜のお昼は、決まって無性にパスタが食べたくなっちゃうのだ。
そして、毎度作っては後悔する・・・。
作ってる途中でおチビ達がグズったために鍋の中でスパゲッティがのびのびになってしまったり、出来上がった途端「ウンチだぁ、オムツがえだぁ」と右往左往してるうちに冷めてペタペタになってしまったり。
今日のスパゲッティも、釜揚げ桜海老とアスパラガスとトマトの組み合わせはなかなかGOOD!だったけど、食べる頃にはだいぶやわらかくなっていた。
あ~美味しいパスタが食べたいよぉ。

夕方、お昼寝から起きてきたほのかと一緒に「おかあさんといっしょ」を見た。
久々に『おっとっとのおっとせい♪』を聞いたほのかはノリノリ!
前に見たときより、格段に上手に『おっとっとぉ』のポーズができるようになった。
あんまり面白かったので2人で大騒ぎしながら踊りまくった。
そんな2人をよそに、かいとくんは隣の部屋で爆睡しつづけていた。
ほのか おっとととぉ かいと 爆睡中


晩御飯の時、ほのかが枝豆ばかり食べたがるので「ご飯食べてから」っていったらイヤイヤ。
ごはんもおかずもお皿にいっぱい残ってるのに、「ごちそうさま」して立ち上がるので怒ったらギャアギャア叫んで、しまいにはスプーンを床に落とした。
みていたかいとも真似して落とす。
「落としたらダメ」というと、イヤイヤして何度もやる。
怒ったり、なだめたり、褒めたりしながら、なんとか2人とも食べさせた。
あ~ストレス溜まるなぁ。

おチビ達は今日で1歳11ヶ月。
2歳の誕生日まであとひと月を残すところとなった。
うわさに聞く『魔の2歳』の予兆はすでに始まっている。

“1歳11ヶ月記念にツーショット写真取るの忘れた”と思って、お風呂上りにパチリ。
お風呂上りの2人
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
おチビ達、久々の美容院
前におチビ達の髪を切ったのはいつだったかなぁ。
ほのかの前髪がすっかり伸びてしまったので久々に美容院へ連れて行った。
今回はははも切りたかったので、近所のキッズスペースのある美容院にした。

まずはかいとをキッズスペースで遊ばせて、ほのかを椅子に座らせ・・・ようとしたのだけどあえなく撃沈。
前のTVで『あんぱんまん』のビデオを流してくれてるのでOK!?と思ったのに、ほのかはすぐにギャアギャア泣き出して立ち上がり、ミッキーの絵のついたケープも引き剥がして必死に抵抗したのだ。
かいともギャアギャア泣きながら椅子のところへ裸足のまま走ってくる。
仕方なく、ははとほのかは抱っこ状態で一緒のケープをまいて、かいとはすぐ横に椅子を置いてもらってそこに座り、ほのかのカットを開始。
そのまま、ははもカットしてもらうことになってしまった。
あ~あ、ヘアカットぐらいゆったりとした気分でやってもらいたかったなぁ。
ほのかは前髪を切り、後ろを揃えて、2つに結んでもらって可愛いピンをしてもらって終了。

ほのかが終わると、今度はかいとを抱っこ。
本当はかいとをおしゃれスポーツ刈りにしてみたかったんだけど、「柔らかい髪質だからかなりウスいかんじになっちゃいますよ」と言われたので、ハゲっぽいのはやだなあと諦めていつも通りの坊ちゃん刈りに。
ははのカットはそのまま続行。
このかっこで髪を切ってもらうのってなんだか情けない気分。
ほのかはキッズスペースにいたママさんとお嬢さんに遊んでもらってた。

結局たったの1時間で3人のカットが終了した。
もちろん、シャンプーもトリートメントもマッサージも無し。
終わってから、なんだかちょっと空しい気分になってしまった。
“息を切らせて走って行って帰るのでもいいから、いつも通りちちにおチビ達の面倒を見てもらって1人で美容院にいけばよかったな”とつくづく後悔したのだった。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
神戸へおでかけ
神戸までゆうちゃん&ママとちょっと遠出。
目的地は前々から気になっていた神戸阪急にあるポルトバンビーニだ。
行きの電車でまたまたほのかが乗り物酔い。
大阪から神戸までJRの新快速で25分程度なんだけど、ドーナツを食べたせいか新快速特有の揺れがあったのか、あともう一駅ってとこでゲェ~しちゃったのだ。
可哀想に・・・。
ま、いつものごとく、もどしてしまったらすぐに元気なほのかに戻ってたけど。
そんな訳で、せっかく可愛いスカート姿で行ったのに、神戸駅ですでにいつものTシャツ&パンツスタイルにお着替えとなってしまった。

神戸阪急でお昼ご飯を買ってフードコートで食べて、いざポルトバンビーニへ。
そこはすべり台もボールプールのボールもすべて木。
たいした広さは無いけど、混んでもいないから、かなりのんびりと遊ぶことができた。
おチビ達は、柱をぐるりと囲む形の木琴が気に入ったようだった。
写真を撮り損なったので説明だけだとわかりにくいんだけど、木の板が柱の周囲に放射線状に並べてあってテーブルのようになっているのだ。
特に、打楽器好きのかいとは何度もそこに行っては叩いてた。
これ、ははもすごい気にいって家にあったらいいのにって思ったんだけど、気になることが・・・。
木琴というのは木の長さで音の高低が変わるはずなんだけど、その柱の周りの木の板はなぜか同じ長さだったのだ。
いったいどういう仕組みなのかなぁ。

そのフロアにはボーネルンドのショップや遊戯施設もあって、おチビ達は行ったり来たりフラフラしてたけど、デパート内が空いてるおかげで神経をすり減らさないで見守ることができた。
それに神戸駅からハーバーランドへはちゃんとエレベーターでも行けたし段差も無くて、ママに優しい街なのもうれしかった。
ちょっと遠いし、ほのかの乗り物酔いは心配だけど、また遊びに行きたいなぁ。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
マットひとつで・・・
お風呂の準備をしていると、ほのかとかいとがなにやら大騒ぎをしていた。
床にひくクッションマットの穴の部分から顔を出して『お面』みたいにして、お互いの顔を見てはぎゃはぎゃは笑ったりくるくる回って踊ったり大興奮だ。
お面だよぉ

なんだか、ウルルンで見たどっかの裸族の踊りみたいだよ。
その様子を見て思わず大笑いしていたら、ほのかがマットを持ってきて「はは」と差し出した。
「ははもやって」ということらしい。
仕方なく穴から顔を覗かせると、2人はひっくり返ったり走り回ったりしながら大笑いだ。

ひとしきり遊ぶと、今度はそれを頭にのせて「ぼおし」「ぼおし」と叫びながら、またもや踊ったり走り回ったりの大騒ぎ。
かいと 帽子いいでしょ ほのか 帽子似合ってる?

またまたははも頭に帽子をのせさせられた。
『早野凡平』の気分。
昔、「ナポレオン」って帽子の芸をする人がいたんだよぉ。
歳がばれるなぁ・・・。

しばらくすると、かいとが今度は穴のとこにはまっていた丸い部分を持って自動車のハンドルみたいに左右へ動かしながらやってきた。
リトミックの時輪っかになってるチューブをハンドルに見立てて「自動車ブーブーブー♪」と走り回るんだけど、それをやることを思いついたらしい。

子供の発想ってすごいなぁ。
ただのマットひとつでこんなに遊べるんだから。
この素晴らしき想像力がいつまでも消えませんように・・・。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
初めての眼科、そしてM先生との別れ
ほのかの右目にちょっとものもらいっぽいのができてたので眼科へ行った。
ほのかにとっては初めての眼科体験。
運よくかいとが寝てくれたので待合室に放置して、ほのかと診察室に入った。
を見てもらうのはさすがに抵抗するかなぁと思ってたけど、病院好きのほのかちゃんだけあってここでもめちゃいい子
大して嫌がることもなく、先生にも「えらいねぇ」と褒められた。
やっぱりものもらいのでき始めとのことで目薬を処方してもらい、病院でも目薬を点してもらうことに。
最近ははが目薬を点すのを見て「私も点したいっ」とぎゃあぎゃあ言うほのかだったので、「目薬点せるよ」と言ったらウンウンとうれしそうな様子
それでもきっと実際に点したら次からは嫌がるだろうなって思ってた。
なのに、これも無事にクリア
“これなら家でも抵抗されないですむなぁ”
それはとってもありがたいことなんだけど、病院好きで薬好きな子供っていかがなものか。

その後、家でほのかに「目薬点すよ」と言ったら走ってやってきた
なぜか、かいとまで
ほのかを膝に寝かせると、眼をぎゅっとつむりつつなんだかうれしそう。
ほのかが終わると、かいとは次は自分の番だと思ったのかごろりと横になった。
「かいとはいいの」と言うと、かいとに泣いて抗議された。
泣くことか!?
全くおかしな2人だねぇ。

夕方、小児科に3種混合予防接種の追加接種を受けに入った。
かいとが水曜日に高熱を出したので“受けられるかなぁ?”と心配していたのだけど、一日で熱も下がったし他にはたいした症状も無かったので無事に接種OKとなった。

まずはかいとから。
注射って針が刺さって少し経ってから痛くなるのかなぁ?
見る見るうちにしかめっ面になって「うわ~ん」と泣き出した。
その様子を見ていたほのか、さすがにそろそろ自分の身に何が起ころうとしてるのかわかってきたようで、かなり不安そうな顔でこっちを見た。
すぐに泣き止んだかいとを降ろして、ほのかを呼んだ。
ほのかはちょっと逃げ腰だったけど、抱き上げてしっかりホールド。
ほのかも「ふえ~ん」とやっぱり泣いた。

M先生は「最後に嫌われるの嫌やなぁ」と苦笑いしながら、ほのかを抱っこしてくれた。
そうなのだ。
おチビ達の大好きなM先生に診てもらえるのも今日で最後。
先生は病院を辞めてしまうのだ。

M先生にははが「いろいろお世話になりました」というと
「最初はどうなることかと思ったもんなぁ」と笑って言った。
生後半年位からだろうか、おチビ達はしょっちゅう風邪をひいてそれはもうほんとに泣きたくなるくらいだった。
その度にM先生のとこに駆け込んだ。
あまりにしょっちゅう風邪をひくので凹み気味のははを、いつも先生は「だんだんと免疫がつくからあと少し頑張れ!」と慰めてくれた。
先生に話を聞いてもらうことで、どんなに気持ちが楽になったことか。
M先生、本当に本当にお世話になりました!!

ほのかもかいともいつも通りニコニコしながらM先生に「バイバイ」と手を振り走って診察室を出て行った。
帰り道、「もう先生とお別れだよ」と言ってみたけど、解るわけないかぁ。
今度、いつものようにこの診察室へ走って入って行った時には見知らぬ先生がいる。
おチビ達、嫌がらないといいんだけど。
Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
わがまま
ここ一週間ばかり、ほのかとかいとはパジャマを交換して着ている。
ほのかのパジャマはサーモンピンク、かいとのは紺色だ。

ある夜なぜかわからないけど、急にかいとがほのかのパジャマを着たがった
仕方なくほのかに「かいとがほのかのパジャマを着たいんだって。どうする?」と聞いた。
すると、ほのかはウンウンと頷きながらピンクのパジャマを指差して「かいと」と言った。
「かいとに着させてあげて」と言うことらしい。
結局、かいとがピンク、ほのかが紺のパジャマを着て眠った。
夜中、どっちがどっちか一瞬解らなくなって混乱したぞぉ。

次の日、かいとに紺のパジャマを着せようとしたら、またまた抵抗してピンクのを着たがった。
で、ほのかに紺の方を見せて「こっちでいい?」って聞いたら、やっぱりウンウンと頷いた。

そのまた次の日、かいとに「パジャマ取って」って言ったら、ピンクの方を掴んでやってきた。
ほのかに「どっち着る?」って聞いてみると紺の方を指差した。
次の日も、その次の日も。
ほのかは本心で紺の方を着たいのか、かいとがピンクを着たがるから譲ってあげてるのか・・・。

今日の夜、かいとがパジャマを着るのを嫌がって逃げ回っていた。
ほのかに「どっち着る?」って聞いたらピンクの方を選んだので、“よしよし”と思ってピンクのパンツを履かせてあげた。
すると、それを見ていたかいとがピンクの方を着たがってギャアギャアわめきだした
かいとに「早く着ないからでしょぉ」と言いきかせていたら、ほのかが自分の着ていたパンツを脱ぎ始めたのだ。
「かいとに着させてあげるの?」と聞くと、ウンウンと頷いた。

優しいねぇ、ほのかちゃん。
優しいのはいいことなんだけどさぁ。
はははちょっと心配になる。
なぜなら、この性格って私に似てるから
で、私と言う人間は優しいのかと言うとちょっと違う。
優しさっていうより、もめ事が嫌いなのだ。
嫌い、面倒
私の基本姿勢は『自分が我慢してマルくおさまるならいいよ』なのである。
もちろんどうしても譲れないってこともあるにはあるけど。
私はこの性格のおかげで、良くも悪くも“無難”に世の中を渡ってこれちゃった気がする。
だけど、それってオトナの考えだよね。
ほのかはまだ子供なんだから、もっとワガママでいいんだよぉ。

・・・などと思ってた矢先、ほのかが寝る時間になってもおもちゃで遊んで「もうおしまい」って言っても全然聞かない。
「もうねんねでしょ」と片付けようとすると、ギャアギャアわめく。
そういえば昼間、ベビーカーに乗るのを嫌がって市場中に響くような声で大泣きしてたっけ。
このところ、ほのかもかいとも気に入らないことがあると泣き叫ぶのだ。
それも結構長々と。
自我の目覚めってヤツらしい。
こういうワガママは止めて欲しいなぁ。
それって、ははのワガママかなぁ。
Posted by 海風
comment:2   trackback:0
[未分類
はじめての歯医者
はじめて歯医者におチビ達を連れて行った。
歯は1歳半健診で見てもらってはいたけど、あれからもう3ヶ月くらい経ってるし、最近は甘いおやつもよく食べるようになっちゃったので、念のために一度見てもらうことにしたのだ。

さすが、病院好きのおチビ達。
まだ歯医者の恐怖を知らないからなのか、呼ばれた途端、何の躊躇も無く診察室へと走っていった。

まずはほのかを診察台へ座らせた。
嫌がるかと思いきや、ただ今おチビ達が夢中になっている『くちゅくちゅぺっ』ができるとあって大喜びの様子。
それでも、台を倒されて寝かされるのは嫌みたいで、座ったままで歯科衛生士さんに口の中を見てもらった。
彼女いわく「この年齢の子だったら、診察台に座れるだけで上出来です」とのこと。
1本1本丹念に見てもらえたわけではないけど、一応虫歯はナシ、だそうだ。
よかったぁ。

お次はかいと。
かいともそそくさと診察台にあがり、座るや否やコップに手を伸ばして『くちゅくちゅぺっ』をはじめた。
なんなんでしょ、この2人は。
それでもやっぱり台を倒されるのは嫌がって、結局ははが抱っこしながら寝かせて見てもらった。
こちらも虫歯はないそうで、ひと安心。
どんなに嫌がっても羽交い絞めにして仕上げ磨きをしてきた甲斐があったってもんだ。
面倒くさくてついサボりたくなるけど、これからもがんばりま~す!!
Posted by 海風
comment:3   trackback:0
[未分類
真似されるぅ
ふと見ると、ほのかが床に座り込んで何やら真剣な面持ち。
ほのか お化粧中

左手に持っている白くて丸いものはパソコン用のカードリーダー、右手のはかばんのファスナーのとこについてた長細い棒状のものだ。
“何してるのかな~?”と思って見ていると、その丸いものを自分の顔の前に持っていき、棒状のものでまぶたを軽く擦りはじめた。

“なるほどぉ、ほのかはお化粧をしてるのね”
丸いのが鏡で、棒状のでアイシャドーを塗ってる、つもりらしい。
そのしぐさがおかしくて、思わずふきだしてしまった。

こっちが何の気なしにやっていることを見てないようでよぉ~く見てるよなぁ。
ははのお化粧なんてたかだか5分か10分くらいのことだし、それにその間ほのかもかいとも机の上の化粧道具を奪おうと必死になってて化粧してるとこなんて全然見てなさそうなのに。

この前実家に帰ったとき、部屋に懐中電灯が置いてあった。
すると、ほのかとかいとがそれを指差して、口々に「ちち」「ちち」と叫んだ。
“ん?なんでちちなの?”って思ってたら、かいとがその懐中電灯を持ってあごに当てて髭を剃る真似をしたのだ。
その懐中電灯は髭剃りの形にとてもよく似てて、ははも“あれっ、なんでこんなとこに髭剃りが?”って思ったくらいだったのでかなりウケた。
大笑いしながら、上手に髭を剃る真似をしたかいとに驚いてもいた。
だって、ちちはたいがいベランダで髭を剃っていて、2人ともそんなにじっと見てる訳じゃないんだもん。

子供ってなんて観察力が鋭いんだろ。
すごいけど、ちょっとコワいっ
Posted by 海風
comment:4   trackback:0
[未分類
こわい~
最近、ほのかは何かにつけて「こわい~」と言う。
顔をクシャッと歪ませて、ちょっと困ったような表情で言うのだけど、実際そんなに怖そうなかんじではない。
それに、ほのかの言い方はいわゆる『怖い』のイントネーションではなくって、『い』のところであがって伸びるのだ。
けっこう可愛いっ^_^;

最初は公園でアリを指差して「こわい~」と言った。
「これは『あんまり急いでごっつんこ♪』のアリさんだよ。怖くないよぉ。」と言うと、ウンウンと頷いて首をすくめる(これ、最近のほのかさんのお得意ポーズなのだ)。
だけど、アリを見つける度に「こわい~」と言うので、その時は“動くものが怖いのかな?”って思っていた。
だけど、その後もシメジを見ては「こわい~」、髪の毛も真っ暗な部屋もぜんぶ「こわい~」。
どうやら、黒いものに対して「こわい~」と言っているようなのだ。
黒いものが本当に怖いのか、『黒い』が「こわい~」になっちゃっただけなのか。
ちなみに、2歳になる友達のお嬢ちゃんは『マッシュルームがこわい』らしい。
子供の発言って謎が多くて面白いわぁ。
20070602003906.jpg かいと ライダー気分

Posted by 海風
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。